時々、まだ治療が終わっていない途中で中断してしまう患者様がおられます。痛みが消えると

“熱い湯も、のど元過ぎれば熱くない”の諺のように、お仕事に追われたりしていて後回しになさるようですね。

これはとんでもない事です!それで当院ではこうした患者様に治療の必要性をお葉書にてお知らせしています。と言うのは 削ったままの歯、また薬を入れたままの歯は大変危険だからです。仮の冠(かぶせもの)のすき間から細菌が入り込んだり、かぶせる予定で削った歯を放置していた

ことで、周囲の歯がすき間に寄ってきて、ひどい時には抜歯しなければなりません。

 また、治療が完了しても、お手入れの状況によって虫歯や歯周病が

再発することもあります。これは治療の精度よりも、その後の継続的なケアによって決まります。

例えば一般的な金属のクラウンの耐用年数は7.1年ですが、その間はまったく虫歯のリスクが

ないと言う訳ではありません。処置した歯はプラーク(歯垢)がたまりやすいので、お手入れの仕方に

よって治療のやり直しになるケースも数多くあります。

特に、金属アレルギーの方は虫歯や歯周病にならないように特にお手入れに気をつけてください。

治療がやり直しになる原因の30%以上が虫歯の再発です。つまり、定期検診(リコール)で早期

発見と、口内清掃によって再治療にブレーキをかけることができるのです。

 [治療の耐用年数]

レジン充填          5.2年

インレー(金属)          5.4年

クラウン(金属)            7.1年

ブリッジ(金属)             8.1年

o○・○・o。o・。o○・○o。o・。o○・○o。   
治療革命 ! ついに実現、夢の無痛治療 !
 コメット歯科クリニック 副院長 金光 千寿子・○・o。o・。o○・○o。o・。o○・○o