JUGEMテーマ:歯科

平成2967日,名古屋地方裁判所に,

当歯科クリニックを標的としたインターネット上の書込みによって受けた被害に基づく損害につき,

損害賠償を求める訴えを提起しました。第一回公判 7月19日(水)10時

被告である上田裕康(各務原市 桜桃歯科院長),

安江真一,(ASUE株式会社)は,いずれも,岐阜北警察署による捜査の結果,上記書込みに関与したことが判明しています。

 

たとえ同業者でも 卑怯なネット犯罪は、断固許すべきではありません。むしろ同じ歯科医師だからこそしてはいけない

患者様を騙す偽りの情報をネットを使って広めることの罪の重さを 感じ取って欲しいのです。

各務原市の「桜桃歯科」の院長 上田 裕康からは、いまだに謝罪や反省 一言もありません。

あるネットに詳しい方が、桜桃歯科の上田院長について こんな意見をおっしゃっておられました。

「桜桃歯科の上田院長は、ネットで「善良な優秀な歯科医師」であることを朝から晩まですごい数のネット広告を打ち出して

主張し見せてせています。本当に頑張ってイメージ戦略を行っておられますよ。

その熱意と言うか、執念の様にさえ感じられる やり方ですね」

コメット歯科は、上田院長の悪意ある作り話によって 多くの名誉を棄損され スタッフもバカにされ 

信頼してご通院下さっている善良な患者も「愚かな者」呼ばわりされ、

新しくコメット歯科に治療でかかろうとしている人々の意思を砕き・・・屈辱極まりない行為の数々

これから 明らかにされていきます。

これは、単なる歯医者同士の喧嘩などではないのです。ネット社会の問題なのです。

ですから社会貢献 こうした医師を語る人からの情報にも拝金主義が根底にある場合、嘘や危険が潜む情報となるという事を

気付いていただきたいと思います。そういう意味で警鐘を鳴らす 社会貢献になると確信しております。

まさか・・あの人が!こんな話は、現実あるのですね。

とりあえずコメット歯科のHPに整理して損害賠償事件の経緯と報告を「副院長の奮闘記」にリンクする

形でお伝えできるようにいたしました。

今後とも 正義のため戦う 医療戦士 コメット歯科にご理解 ご支援賜りますよう 熱く熱くお願い申し上げます。

コメット歯科 院長  副院長

「義なる者は、輝く。神は、羊とヤギを分けるように 救いの子と滅びの子を分けるのです。

各々の義に対する反応によって分けられるのです」(聖書より)

そう言えば、「義」とは漢字で「我 羊なり」 と書くのですよね。