JUGEMテーマ:歯科

JUGEMテーマ:日記・一般

オペの患者様は、ほとんどが静脈内鎮静法という点滴麻酔を使いますので車の運転は禁止です。

勿論、お帰りの時のお話なのですが、可能な限り送迎をさせて頂きます。

本日お迎えのオペの患者様(男性30才代)、車(センチュリー)の中でお訊ねしました。

局長「今日はオペですが心配ではありませんか?」

たいていの方が不安な気持ちで緊張されていますので、

もし”不安”というようなお応えが帰ってきたら安心して頂けるような

お話をして少しでもリラックスして頂こうと思っていました。 

返ってきたお言葉は、

患者様「いえ、実はワクワクしているんです!」

局長「?!?!????」

患者様「私は看護師をしています。今日は患者様の立場を体験できる

チャンスなのでワクワクしているのです。」

局長「いやぁ〜!それは素晴らしいですねぇ! 貴重な経験をして

今後の仕事に生かす!」

患者様「患者様の事を分かっているつもりでも実際は違うかもしれないし?

そんなつもりでオペに臨みます。」 

 

ここから続きは翌日となります。

待合室で・・・

 

局長「昨日はお疲れ様でした! ところで患者様の立場での体験は

如何でしたでしょうか?」

患者様「麻酔ですぐスヤスヤ眠っちゃって、目が覚めたら終わっていました。

・・・・・実は後から気がついたのですが、腰の下に毛布が入れてあって、

それは長時間のオペに耐えれるようにとの配慮でした。驚きました!

たぶんこれが無かったら途中から辛かったと思います。

嬉しかったのと、さすがだと思いました!」

職業に徹する素敵な患者様。そして気づかいの行き届いた素晴らしいスタッフの

活躍でした。

スタッフと一緒にいる副院長に報告したら

「我ら ONE TEAMとしてこうしたお言葉を頂き本当に嬉しい限りです。

こちらこそありがとうございます。

そして再生治療のエステもついていますのでそこも後ほど楽しんで頂きましょう」

の言葉が返ってきました!

 

「自分にして欲しいと思うことを同じように他の人にもしなければなりません」(聖書より)