JUGEMテーマ:歯科

JUGEMテーマ:夢・目標

井村 雅代さんは、シンクロナイズドスイミング現役時代の活躍と

日本、中国、イギリスの指導者としての素晴らしい実績があります。

久しぶりに日本代表の監督として選手と接する中で、

「今までの厳しいやり方では、ゆとり世代の子たちはついてこない」と実感。

そこで最近は、「バラバラや!脚、合わせなさい」

「何してんの、おぼれているじゃないの」などと叱責した後には

必ず、「脚は大丈夫?」「そういう日もあるよ!」と

フォローを欠かさないようにしているとのこと。時代とともに、

選手との接し方や指導方法を柔軟に変えています。 

 叱るときに心がけていることは「叱る絶対三点セット」を厳守することです。

まず、相手の「悪いところをハッキリ指摘し」、

次に「直す方法を指導する」。

最後に「それでいいかどうか、直ったかどうか、OKかNGかをきちんと伝える」。

叱るだけで直す方法を言わなかったら、選手は自信を無くすだけです。 

何か壁にぶつかったときに、諦めずもっと頑張ろうと素直に思える「心の才能」

これがなかったら、一流になることはまず無理です。

うまくいかなかったときは、人のせいにしないで、まずは自分の中に理由を見つけなさい。

言い訳とか人のせいにしないで、自分で理由を見つけて解決してけばいい。」

 

井村語録の中から抜粋しました。この中の「心の才能」という言葉に惹かれました。

どんな状況に出合っても逃げるのではなく向かっていく、

素直に頑張る「心の才能」こそ一流になる道だということに共感しました。

ラグジュアリー サービス業界世界一を目指す コメット歯科も全く同じ精神です。

こうした志 即ち「心の才能」をしっかり持っている人が、

コメット歯科のスタッフとしてずっと頑張り続けて 

医療人として「やりがいという幸せの青い鳥」

つかむことのできている人なのですね。

9月の月間MVP(Good  Job)が発表されました。

チームコメットの中心として、大回転の活躍をしている

Nマネジャーが選ばれました。

 

「自分にして欲しいと思うことを他の人にもしなさい」(聖書より)