JUGEMテーマ:歯科

JUGEMテーマ:日記・一般

 

昨日19時からのゴールデン タイムに放映された「何でも 鑑定団」とのコラボ企画の

2時間SPで コメット歯科が取り上げられました。

 

15分もの長尺で扱われ なるほど東京から3日も取材にみえた訳だな・・と楽しく拝見しました。

今回は、「すご腕」がポイントになっていました!

4階のブカルッポ・フェリーチェとそこで働いてくださっている2人のすご腕シェフ

日本におけるインプラントの先駆者 

患者様から「神の手」とも呼ばれる金光 琢磨院長が

大きくクローズアップされました。

そして コメット歯科の40年前の23.5坪の小さな小さな歯科医院が、

なぜ今日 お城のようなクリニックを立てるまでの成功を見たのか?

その秘訣を解き明かす!そんな風に 番組は構成されておりました。

思い起こせば、過ぎてきた月日は、毎日 精一杯の全力投球で 「アッと」言う間の出来事の様です。

番組を見ながら、大笑いし、そしてある種の「手ごたえと実感」を感じました。

 

 

コメット歯科創業の40年前 当時 アシスタントもおらず 主人と私の二人だけでスタート。

今でこそ「どセレブマダム」と紹介された私は、受付から助手からカウセリング 掃除人など

様々な院長の身の回りの仕事と母としての子育てと歯科医院の仕事をこなし 

ぶっ倒れそうに働いていたのですから、・・・

当人の私たちが その頃を振り返ると 

現在が「ありえへん世界」であると思えるのが、不思議であり 感謝と共に満足感が湧き出てきました。

しかし どんな立場であろうと 最初からのポリシーは、ドンドン強まって 色濃くなっているのです。

それは、

「すべては ,患者様のために」です。

コメット歯科のモットー

「自分にして欲しいと思う事を 同じように他の人にもしなければなりません。」(聖書より)