JUGEMテーマ:歯科

JUGEMテーマ:日記・一般

以前にも紹介しました帝国ホテル宿泊部客室課マネージャー・小池幸子さんは、

帝国ホテルで初めて子どもを育てながら、アテンダント支配人となり、
賓客やVIPの接遇に責任者としてあたったスーパーキャリアウーマン。

2002年に定年を迎えたあとも、引き続き特別社員として、接遇にあたっています。

(現在もご健在なのでしょうか・・・?)
「置き手紙以外にもお客様に喜んでもらうものを何かお贈りしたいと、

ある日、家で折り紙を折っていました。ところが、わたくし、不器用なんですね。

きれいに折れずに困っていたら、主人が”僕、カエルを折れるよ。

カエルには『また帰る』という良い意味があるから、作ってあげよう”

と折ってくれたんです。黒色の台紙にコンパスで弧を描いて、台まで作り、

丁寧に目まで入れてくれました。試しにホテルのカウンターに飾ってみたところ、

かわいいと大変好評で、今では国内のみならず、海外にも渡っています。

もうちょっとほしいというお客様がいらっしゃって、嬉しかったですね。」(ネットより)

コメットの場合は、スタッフもたびたび言っているように医療機関ですから

困っている患者様、苦しんでいる患者様に、より寄り添って安心と信頼を頂けるように心を配っています。

 

 

実はコメットでもご患者様に、私の夢の研究開発によって生まれたステキで可愛い

浴用剤『ロイヤルバスメイト』をプレゼントさせて頂いていて大大評判です!!!

この度、ご縁があって東京プリンスホテルにお勤めの経験のあるNさんがスタッフに加わって

下さる事になりました。歯医者”世界一のラグジュアリーサービス”に向けてレベルアップを

目指したいと思います。・・・「全ては患者様の為に」(コメットのモットーの一つ)

 

「愛する人を喜ばすことを一生懸命 行いなさい。

常に与えなさい、押し入れ 揺すり入れるほどに測りを良くして与えなさい。」(聖書より)