JUGEMテーマ:インターネット

JUGEMテーマ:歯科

 

同業の歯医者の院長から、コメットへの小細工した大悪(おおわる)事件が

最近、新聞紙上を賑わしています。

今週のウイクリーレポートにスタッフからコメントが届きました。

S課長「読売新聞、共同通信、毎日新聞、産経と各大手メディアが取り上げ

話題になっています。今後、どのような事があるか私には見当つきませんが

嬉しいことにコメットの患者様が励まして下さっています。

カルテに書いてある言葉を見ると、とても柔らかな気持ちになります。・・・」

 

Mさん「今週から受付でも新聞記事のコピーをお配りするようになり、

温かいお言葉をたくさん頂きます。

”ここに通っている人はコメットさんの事を

信頼して来てるんだし、悪い口コミも全部 嘘だって分かってるから大丈夫よ!

だからずっとここに通ってるの!それだけ良いサービスがあるから妬(ねた)まれるのよー!

大変ねー。応援してるから!”

と仰っていただきました。

それは一人二人ではなく、老若男女問わず、本当に皆様が温かいお言葉で

ご支援くださるので心強いです。

待ち時間やお帰りの時に、螺旋階段の所に置いてある新聞記事を見られている方が

たくさんいます。

今回の裁判について関心の高さや、コメットへの温かい気持ちを改めて知りました。」

 

俳優の西田敏行さんの事件で、この手の犯罪がネット社会にはびこっている事が知れ渡りました。

「発信者」が明確にされないと、フェイクニュースで社会が破壊されます。急ぎ法整備を

整えて頂きたいと思います。

 

「神は、裁きに先立って人々を羊とヤギに分けるのです。真実の出来事にどの様に対応するかで分かるのです。

右に義なる事を愛する羊を左に不義を行う滅びの子であるヤギを分けるのです」(聖書より)