JUGEMテーマ:歯科

歴史の中ではウソ情報、ニセ情報は戦の常套手段でした。敵を攪乱して有利に導くために・・・

勝った方が権力を握る独裁者の政治。勝者=法律でした。

しかし、現在は違います。法治国家の中で安全や人権が守られて生活しています。

ニセ情報やデマによって被害者が出るような事になれば名誉棄損罪、業務妨害罪

等により罰せられることになります。そして賠償責任が生じます。

新聞は掲載するニュースに関しては、あるいは記事の担当者、取材記者が明確になっていて

しっかり責任を持っています。

ところがこれと同じように見えるインターネットのニュースや得られる情報に関しては、

事実とは全く関係なく見事に作為的に作られたフェイク(うそ)記事がまかり通っています。

「岐阜の歯科医院○○○の口コミランキング」というサイトを自前で作って自分を第1位に据える。

その他の第2位、第3位・・・10位と名前を上げている所を・・・調べてみました。

 

.汽ぅ箸隆浜者が、不明。これもありました。何の根拠もないことが判りました。

 

◆峇阜の歯医者○○12選」とか「岐阜の歯科医院○○6選」などと言うのが結構沢山ありました。

電話で「こちらは、コメット歯科ですが、あなたのサイトの○○6選とか12選とか・・その選んだ根拠は、何なのですか?」

と連絡がつくものは、片っ端からお聞きしてみました。

すると 答えは、しどろもどろ・・

「うちのスタッフが実際にかかったりして選んできたのです・・」

 

「では、○○選という事は、どのくらいの数の歯科医院を巡られたのでしょうか? しかも岐阜と特定されたいるのですから、

コメット歯科にも 一度は受診されたのではないでしょうか? いつ頃でしょうかねぇ?

実は、3年ほど前ですが、朝日新聞主催の全国規模の歯科医院の調査の際も 

『岐阜県では、コメット歯科さんに一番先に調査に来ました。ここは、外せないでしょ!』

と 言われまして TV局よりも先に新聞社のインタビューの申し込みがあったのですよ」

 

そういうと 

「私は、何も知りません!」

っと言っていきなり電話 切られました・・・・?

 

結局 何の根拠もないことが判りました。

このサイトは、ネットを真剣に誠実に調べる人のための○○選とは、とても言えませんね。

情報も古く 止まったままであったり・・

”信じる方が馬鹿”と言うことです。多分 ネット手法のSEO対策なのでしょうか?

やがては、童話「狼と羊飼い」のように嘘ばかりついていると、本当に狼が来た時に

記載者のないネットの記事は誰も信用しなくなる時が来るでしょう。

 

そういえば、以前 当院にも別のサイトですが、「お金を出したら上位に入れてあげますよ」という電話がありましたね。

「実質のないものは、お断りします」 と丁寧に応対させていただきました。

 

コメット歯科の大切なお宝 ”口コミ”は感動するものばかりです。

 

コメット歯科を育てて下さっているのは、患者様なのです。ありがとうございます。

「私達の喜びは患者様の笑顔」「患者様の為に、仲間の為に最善を尽くす」・・・朝礼の言葉です。

 

「すべての情報が正しいわけではありません。

舌が食べ物を試すように 聞いたことをすべて試し、鵜呑みにしてはなりません。

巧妙な罠が仕掛られていることがあるのです。賢くありなさい」(聖書より)

 

明日は日曜日です。ブログはお休みします。