JUGEMテーマ:幸せなお金と時間の使い方

昨夕、岐阜県関市武芸川町の山あいの中(谷の中のような地形)にあります

寺尾ヶ原千本桜公園(通称・寺尾の千本桜)へ夜桜見物に出かけました。

花は思いのほか散っていて、2割も花は残っていませんでした。チョッと寂しい・・・

それでも頑張って残っている桜を楽しもうと、傍の出店で桜の苗木が売っていましたので、

それを買って、外のテーブルに飾って 桜を目の前で 間近で楽しむ “スペシャル お花見” をしました。

さー テーブルにお花が備わると ソレ!って

”花より団子”と言いながら、出店で焼き鳥、おでん等をたくさん注文して

お酒も戴きながら楽しんでいました

 

・・・そんな時、

40代中頃の女の方から声が掛かりました

「コメットの先生ではありませんか???

私、子どもの時に矯正治療でお世話になりました正村○○です! この上の前歯が縦にねじれて生えてきてそれを

当時 矯正が出来る先生が少なかったので チョッと遠かったけど自転車で一番遅い6時からで診てもらったのです。

お陰で ほら!先生 ずーと綺麗なままです。」

と人差し指で口元を見せながら笑顔で話しかけて下さったのです。

あ・・・あの時の○○ちゃんだ!すぐ思い出しました。

「もちろん覚えています! わー 大きくなって(爆笑)」

正村さま「今、46才になりました。37年ぶりです。院長先生は、いつもマスクでのお顔だったので

看板やバスを見て あー こういうお顔だったんや なんて思ったし、受付などされていたエレガン女性は

副院長さんだったのですねぇ! あの時 お二人だけでなさったいましたよね。

今じゃ もの凄く 大きく 立派なものを建てられて、なんか私まで嬉しくなっちゃって 

他の人に 私 この歯、コメットさんで治してもらったんだよ。って今でも自慢しているです」

 

「ありがとう!また是非 遊びに来てくださいね」(笑)

 

9才(小学校2年生か3年生)の時以来の再開です。あちこちの看板で院長も私も顔を出して

いるお陰でしょう・・・”遠い記憶”を日頃から身近かに感じて頂いていたようです。

正村さんは再会をとても喜んで下さいました。私たちもすっかり嬉しい再会に感動しました。

すっかりほろ酔い〜最高のお花見となりました。

※私の顔が 半分切れていますでしょ 

「撮り直した方がいいんじゃない?」と院長に言ったら

「大丈夫だよ 食べ物が中心でそれが撮れているから」っ自信もって悪びれずに言うのですよ!

結婚40年にもなりますと こんなものでして やっぱり根っからブレない”花より団子”党ですね。(爆笑)

「木も草も花も、自然界のものは、すべて創造主である神の栄光を表しているのです。」(聖書より)