送迎の車中にて・・・「私のように助かる人が多くなることを願っています」
コメット歯科のスタッフは、全員 マルチな働きをするよう互いに協力しあっています。
4階の本格イタリア料理のリストランテ「ブカルッポ・フェリーチェ」のN支配人も
その一人 コメット式の二刀流(マルチ)の活躍をしています。

現在は事務局長が受け持っている送迎のヘルプ(補助)での活躍から・・・
N支配人「大垣からお見えの患者様が、顎関節治療で4〜5年来院されていて 
本当に顎関節の痛みが無くなりとても喜ばれて、私に色々と話をして下さいました。
“もっと広く知られると助かる人が多くなりそれを願っています”との事でした。」


これと同じような話がコメットの歴史の中にしばしば登場します。
「存在が分らなかったからコメットに来るのに10年かかった。」
とお叱りを受けた患者様(岐阜在住)は10年間名古屋の病院に通ったが改善されず、
コメットに来られるようになって劇的に良くなました。
その事をキッカケに情報誌への掲載や、看板を増やしました。
JR岐阜駅前広告c

受付秘書のE・Iさんも送迎(二刀流)を引き受けていた時期がありました。
E・Iさん「送迎の車中で・・・“受付さんはすごく親切でとても洗練されていて 
すごく清潔感ありますよね、歯医者は嫌いだけどコメットに来てすごく良かった”
と言って下さった患者様のことを今でも覚えています。」

「受けるより 与えることのほうが幸いです」(聖書より)
明日は日曜日です。ブログはお休みします。


無痛インプラント矯正顎関節治療コメット歯科クリニック


副院長 金光 千寿子


本格イタリア料理 ブカルッポ・フェリーチェ