上司からの指示や提議がなくても、「こういう改善はどうでしょうか?」と、チーフから提案が来ます。 そんな時、私なりに考えてみて良い提案である時は即決実行をします。また、良いと思うけれどやってみなければ判らないことは他の先生方や同じ職域のスタッフの意見を聞いて慎重に実行します。 このようにコメットにはスピード感溢れる「やってみる文化」があります。

今週のマンデーノートから、

衛生士のAさん「コメット歯科では、何か問題があれば副院長が朝礼で発表し、すぐにチーフや先輩方が集まって改善策を考え行動しています。私はいつも改善策の行動の早さに驚かされます。皆さん(スタッフ)の安全、安心であるという状況作りの「誠意」 素晴らしいと思い、私も少しでも近づけるよう頑張りたいです。」

 

1オンスの行動は1トンの理論に勝る」は、「コメット歯科人生大学」の公開講座で勉強した言葉ですね・・・

 

 

“10年経っても決まらない、議論ばっかりが続く・・・”こんな事も世の中にはあるのです。 私は決して行動について心配せず、しかし無行動についてだけは心配する。」このように英国の宰相ウィンストン・チャーチルの名言にもありますが、これらの名言から、行動は私達が感覚的に思う以上に大変だということが判ります・・・大変ゆえに価値があるのですね、何故なら“めんどうだ”“大変だ”と“やる気のない怠け者にとって何もしない事は”安楽“なのですから。 責任ある行動という点で、決められた事をキチンとすることも”1トンの理論より勝る“ことと言えます。そしてキチンとしたルールの中でしっかりした創意工夫、価値ある独創性が生まれるのです。どんな素晴らしい思いつきやアイデアもそれをまずやってみる、つまり1オンスの行動、から始まりますね。そして更に積み重ね、改善してこそ本当に価値のあるものとなっていくのです。 

ご主人の転勤やご家庭の事情で、淋しいことですが退職の決まったスタッフが3人おられます。 連日、通常の業務に加え、後進の指導に頑張って頂いています。 皆さんのこれまでの通りの素晴らしい活躍が続いています、コメットの歴史に「有終の美」として残ることでしょう。

コメット歯科は、いつでも「すべては、患者様のために」を目指し、ベストを尽くして参ります。

 

コメットのモットー 「自分にして欲しいと思うことを同じように他の人にもしなければなりません」(聖書より)

※明日は、休診日、ブログも(=´ω`)ノおやすみ致します。

また行きたくなる歯医者無痛治療インプラント 岐阜アメリカ式顎関節治療