意外!「桜桃歯科を訴えた裁判」が、コメット歯科への来院の決意に繋がった!その1

JUGEMテーマ:歯科

JUGEMテーマ:インターネット

 

意外!!

裁判を起こしているという事実の報告が、患者様をコメット歯科に導く結果になるなんて

予想もしなかったことが、現実 何件も起きているのです!

かつて法曹界のある人から、「裁判沙汰は、とにかく医療機関にとっては 不利!なのです。」

と言われたことがありましたから・・意外と感じたのです。

 

なるほど ほとんどの人は裁判など起こしたくはないと思います。私も同じです。

膨大な時間と精力を費やし、費用の面でも弁護士さんへの着手金や謝礼金 また出張費など・・

 

今回の桜桃歯科の上田院長とネット業者の安江 真一社長に対しての訴えは、

「警察を巻き込んでの犯罪」だったので裁判に持っていけるまでの過程だけでも

それは それは大変でした。

 

そうせざるを得ない心労 ストレス 言葉では言い尽くせません。

またいざ 裁判に持ち込んでも・・・ 

あんなに卑怯な匿名でのコメット歯科を名指しでした 悪意ある口コミの数々をしていながら

正体がバレたら 自分は「正義の戦い」をしたとの趣旨で でっち上げた話を正当化するために

猛然とダッシュするように 開き直り 利己心という「牙」を出して"上田琉の反論”で向かってきました。

 

正直 唖然でした!しかし戦わねばなりません!

 

上田院長の医学的・歯学的に根拠の無い反論にまともに取り組んで根拠がない事を

忍耐強く 1つ1つ立証していきました。

はっきり言って 時間の無駄 論点のはぐらかし・・

 

例えば、自身の主張をさも事実と印象付けようと「印象操作」をしました。

(これは、彼の得意なパターンで想定内でしたが、正直 疲れますね)

「顎関節症と全身疾患とは関りがある という医学的根拠は一切ありません。」

と雑誌やテレビや時に映画の始まる前の広告でも上田院長は、お金をかけて自身のCMまで

流し公の事実のように見せかける戦術を取りました。

しかし 専門家でなくてもチョッと医学的な知識がある人なら見抜くことですが、

これは嘘です。悪意あるフェイクニュースです

 

全身疾患と関係するという医学的論文は、世界中に山ほどあります。

しかし上田院長は、裁判官たちは、素人なので簡単に欺けると思ったのでしょう。

とそれでかれは、手段を選ばず 歯科医師としての品格もかなぐり捨てて

自分の正当性をでっち上げるために 

なんと他の医学博士や歯学博士の論文 また歯科咬合学会の論文までわざと曲解したり 

一部言葉を書き加えたり削除したり

なんとか自分の正当性を主張しようと躍起になって反論いたしました。

 

ここまで捨て身になれるなら もっと良い方向に役立たせれば世の中のためになるのに・・(残念!)

 

結局 最初から最後まで コメット歯科の治療行為を詐欺治療と誹謗した事を

正統化するために上田院長の取った行為は、謝罪ではなくでっち上げの作文でした。

 

でも・・正義のためには泣き寝入りは、できません。

当院にご通院頂いている大切な患者様や貴重なスタッフの名誉も

関係しております。

こうした辛い状況に追い風のようにネットによる風評被害により売上も激減いたしました。

確かに 裁判をしても世間の誤解が直ぐに消えて無くなるわけではなく、

 

かなりの損害が付きまとう現実を実感いたしました。まるで敵対視され 

仕方なく関わる事を余儀なくさせられている私たちコメット歯科にとって

桜桃歯科の上田院長裁判」は、疫病神のように感じました。

 

ですから 桜桃歯科の上田院長とネット業者の安江 社長のネット犯罪裁判が、

コメット歯科へ新しい患者様の来院に繋がるなどとビックリしたのです。

 

では、次回どの様にご来院に繋がったのか?

世の中には、捨てる神あれば拾う神ありを体験したのかお話いたします。

 

フェイクニュースと言えば、思い出しますね。

事件は、日本で起きたのですが、チョットした噂のレベルのフェイクニュースでも

台湾の総領事館を自殺に追い込んだ悲しすぎる事件、

自殺翌日にそれがフェイクニュースと発覚した。

時 既に遅し・・・

全くわが身の様で他人事には思えませんでした。

 

「小さな火が 森全体を燃やすように 

人の毒に満ちた小さな舌が、他の人の命と名誉も全て燃やしてしまうのです。

舌の使い方に十分気を付けなさい」(聖書より)

ネット犯罪「フェイクニュース」拡散に罰則、最高で無期懲役(台湾)

コメット歯科も「フェイクニュース」の被害者になっています。

なので 台湾の総領事が「フェイクニュース」の犠牲になって自殺に追い込まれた悲劇は、

他人事ではなくココ日本で起きた事件であるが故、まるで自分の事のようです。

 

コメット歯科被害を受けている「フェイクニュース」は、各務原市で開業の「桜桃歯科」の上田院長と

共犯の名古屋のネット業者 株)ASUEの安江 真一社長の2人がでっち上げた

コメットに患者さんが来ない様にして ついには閉院(自殺)に追い込もうと企んだ「フェイクニュース」です。

投稿者としての自分の名前は明らかにせず、同業者の歯科医師という立場で説明するという設定、

「コメット歯科という最悪の歯医者をご存知ですか?」と名指しでの質問形から入ります。

そして患者から聞いたという悪口(裁判では、何の証拠も提出できなかった)を

ネット上で拡散して「悪質な印象操作」を何度も何度も行い続けているのです。

目当ての同業者コメット歯科の評判の失墜を図ったのは、桜桃歯科の上田院長。

警察による、正義心と憤りの捜査で桜桃歯科院長の上田院長とネット業者の安江 真一社長を

犯人であると特定しました。(パソコンなど押収)

 

では、台湾で下記の日本での事件が きっかけで「フェイクニュース」のネット犯罪に対して

厳しい罰則、最高で無期懲役までの法律ができた経緯をご説明します。

 

フェイクニュースで自殺に追い込まれた台湾の外交官 、日本との親善に尽くした彼を襲った「ある情報」

ネット上のいい加減なうそ情報・フェイクニュースが拡散すると、人間の命までも奪うことがある。
その典型的なケースが、昨年(2018年)9月4日、関西を襲った台風21号から持ち上がった。
強風に流された大型タンカーが関西空港の連絡橋に激突し、交通がストップ、空港にいた3000人が立ち往生した。
救出をめぐって責任を問われた台湾の外交官、大阪事務所トップの蘇啓誠さん(61)が関西空港孤立から

10日後の9月14日に自殺に追い込まれたのだ。この10日間にネットの周辺で何があったのか・・・。
蘇さんは大阪大学大学院を経て、台湾の外務省に当たる外交部に入り、2018年7月から大阪事務所代表、

外交関係があれば「総領事」にあたる。   その2か月後に台風21号が関西を襲った。

 関西空港に閉じ込められた人のほとんどが観光客だった。翌9月5日からSNSに投稿が続いた。

「中国大使館が専用バスを手配して人々を救出した」という中国語の書き込みだ。

すぐに「強い中国 いいね!」といった称賛の反応がわいた。
空港内で中国人からこの情報を得た台湾籍の親子連れは「中国だけが助けに来るのは変だと思ったが、

あまり気にはしなかった」そうだ。 実はバスはすべて関西空港が手配したものだが、

「中国が用意」という情報はたちまち500件に上り、翌日も増え続けた。
「中国人であることを認めるなら台湾の旅行者も乗れる」という情報も広がり、

台湾人の感情に微妙なさざ波を立てた。その台湾の対応について、ネット投稿が書きたてた。

「中国は救出に積極的なのに、台北ときたら」「台湾の駐日事務所は何をしている?」

「台湾の外交官はクズばかり」「駐日事務所なんてなくしてしまえ」......。

抗議のメールや電話ばかりが1000件を超えた。そればかりか、台湾の大手メディアも

一斉に批判を始め、台湾の野党からも「駐日事務所は傍観しているのか」と批判が噴出した。

蘇さんが矢面に立たされた。蘇さんと親交のあった滋賀県の医師、王輝生さんは

「これはフェイクニュースだから」と反論するように促したが、蘇さんは

「誰にも聞いてもらえなかった」と言っていた。王さんとの最後のメールから2日後、蘇さんは自殺した。


「中国による救出バス」の一件がフェイクニュースだったことは、

蘇さん死亡の翌日、台湾のNPOが突きとめた。
スタッフは「不確かな情報が瞬く間に100倍、1000倍になり、

メディアも信じ、世論の圧力がかかった」という。

以上、NHKの番組「クローズアップ現代」を要約したネットニュースからです。

この出来事によって、台湾では直ちに「フェイクニュース」に対する罰則、

災害時の「フェイクニュース」拡散に、最高で無期懲役等などが定められました。

フェイクニュースにより、人心攪乱を図ったりするテロの恐怖もあります。

このネット社会の「癌」にたいして世界各国は相当厳しい罰則をもって抑止対策を行うでしょう。

 

私も今回の「桜桃歯科」の上田院長とネット業者 安江 真一社長に対して

1億円の損害賠償の裁判を起こしておりますが

日本では、ネット犯罪をどの程度の罪とみなすのか?判決は如何に?

ココがマスコミが注目している点だそうです。私もそう思います

 

「真実は、隠されることはないのです。罪は、神の前に明らかであり 

やがて、公にさらされることになるのです」(聖書より)

 

あの桜桃歯科の裁判 どうなりました?・・・雑談

JUGEMテーマ:インターネット

JUGEMテーマ:歯科

最近 立て続けにカウセリングルームでの患者様との雑談の中で一連の治療のご説明をした後に

「何か 気になる事はございませんか?」

とお訪ねすると・・・

なんと気にかかる事とは、

コメットが訴えている裁判の事でした!

裁判に関心をお持ちの患者様が思いのほか沢山おられることに気づきました。

 

患者様 A様 

「あの裁判はどうなりました?」

当院が各務原市で開業している桜桃歯科を名誉棄損で訴えているネット犯罪の事件のことでした。

この種のネット犯罪、しかも社会的立場があり良識もあるはずと期待される医師が

起こした 妬み丸出しの悪質なでっち上げ口コミ! とっても驚きましたよ!」

そういう訳で この裁判に患者様だけでなく お友達もかなりの関心をお持ちだそうです。

 

患者様 B様

「副院長先生ね、あの裁判は どうなりました?

桜桃歯科の上田院長が自分を大きく見せようとしての自画自賛の本を出しているのご存知ですか?」

私(副院長)「知っていますよ。」

 

患者様 B様

「読む気もしないので買ってないですけど 表紙のタイトルに、

「『わずか8人のスタッフで1年間に5億円売り上げている』

って書いてありましたよ? ホントだと思います?」

 

「いやー 正直 私は、全国の歯科医院の平均売上や

コメット歯科の基準から考えると・・・信じられませんね。

コメットは、高度先進医療をチーム医療で実現させ、

更にラグジュアリーサービスの充実も拡大させて

いくため、3人の優秀なドクター陣と衛生士 アシスタント また料理のレストラン部門まで

約40人ほどのスタッフがチームを組み頑張っています。でも5億には、届きませんからね。(笑)」

 

また 別の患者様 C様 に至っては・・

 

「5億なんてハッタリ言って スタッフはダマせないでしょうにね・・

毎日 札束が飛び交うのを目撃しているんでしょうかね?

だってですよ・・・

私 計算をしてみましたよ。500,000,000円をだいたいの

年間営業日数の240日で割ってみると営業日の一日平均の売り上げが

2,080,000円となる訳ですから・・・ちょっと信じられない数字ですが、

それが本当なら・・・

さっさと桜桃歯科の上田院長は、コメット歯科さんに損害賠償金の1億円払えばいいのに。

悪い事したんだからさ!彼から見れば、はした金じゃないですか!2か月半程の売り上げじゃないですか!

そう考えると・・コメットさん 1億円なんて安す過ぎじゃないんですか?」

 

別の患者様 D様

「週刊誌などにも“あなたは、騙されていないか?歯医者の裏側”というタイトルで危険な治療や

要注意の治療を紹介していますね、“激安インプラントが3ヶ月で脱落した”とか・・・

その点 僕は、幸いなことにコメットさんでインプラント治療をしてもらって10年になるけど、

凄く調子が良いし感謝していますよ。

それに健康保険も実際は、バンバン使えますしね。

コメットさん 自費の治療費が高いんじゃないか という噂があるので

僕は、高いなんて思ったことはありませんけど 気になったんで 

本に載っていた「全国のセラミック治療費の【適正価格】」っていうのを調べてみたところ、

なんとコメット歯科さん 半額ぐらいじゃないですか!

他院の方が高いことが分かったりしてやっぱりな・・・

と思ったですよ。」

 

「真実を分かっていただいて とっても嬉しいです。

“歯医者のウラ話”の暴露というような本は患者様のために正道を行くコメットにとっては

喜ばしいものになるんですね。(笑)」

 

コンビニの倍ほどの数に増えて厳しい経営を迫らせる歯科医院も多くありますが、

その中には、“患者様の幸福のために” という正義を忘れて

いつの間にか 自分の私利私欲のために 金の誘惑に負けて“手段を選ばず”の下剋上の様相を

呈して来てしまっている人たちもいます。

しかし 誠にありがたいことに コメットには、30年〜40年と通って下さっている患者様が

たくさん、たくさんいらっしゃって患者様と共に歩いていけます。

 

感謝と共に 色々とご心配ありがとうございます。心強いです。

間もなく 裁判の結論が 出ると思います。そこは裁判官にお任せしませんとね。

 

しかし今の時点ではっきり断言できることは、

相変わらず 桜桃歯科の上田院長は、名古屋の 株)ASUE 安江 真一社長と共犯

警察の摘発までは 身を隠して「コメット歯科と名指し」でネットの口コミサイトに

「詐欺治療」「カルト宗教」だとか「ぼったくり歯医者」「最も行ってはいけない歯医者」とか・・

散々 言いたい放題の名誉棄損の満載!

あれから 6年 コメット歯科は、やられ続けています。ネットは、消えませんからね。

 

裁判の近況ですか?

 

相変わらず 上田院長だけは、反省や謝罪の気配さえない状態だと お伝えしておきます。

 

「愛は、何であれ真実を愛し 真実と共に喜びます。愛は、正義なのです」(聖書より)

悪質フェイクニュース みんなダマされている?!・・その1

JUGEMテーマ:歯科

金曜プレミアム

『池上彰SP!みんなダマされている!?悪質フェイクニュース 嘘とホントの見分け方』

(フジテレビ系)が、6月7日(金)後8時を見ました。

その感想とコメントを書きます。

ネットでフェイク(嘘の)ニュースを流す この種のネット犯罪が世界的に大きな社会問題と

なっていることを痛感しました。自殺者や集団殺人リンチまで引き起こした怖い魔物

 

というのは、コメット歯科も現在 桜桃歯科(各務原市 開業)の上田院長

名古屋のネット業者(株)SAUEの安江 真一社長の共犯による

 

コメット歯科を陥れる目的で作成された悪質なフェイクニュースを拡散されたのです。

その後 すでに数年が経っていますが、いまだにネットから完全に削除できないので 

多くの精神的のみならず 営業妨害も受けています。

2年前に「1億円の損害賠償請求」を求めて裁判を起こしています。

(実質被害は、今日まで続いていますから 損害は、10億円ほどに膨らんでいるのではないかと思います)

消せないネットのフェイクニュース(口コミ)を始めて見た人は、

それをそのまま信じてしまうかもしれません!

ですから・・・

とても他人事とは思えない番組で、強く共感致しました。

番組では、多くの身の回りで起きたフェイクニュース被害を取り上げていました。

その中の1つに 

 

タレントのフィフィが書いたTwitter騒動です。

この事件の報道を受けて 

立憲民主党の蓮舫議員が、

「日本の政府は、少女一人の命を守れないのですか!」

と糾弾したことに対するコメントでフェイクニュースを書いたのです。

 

しかし・・・

 事実は、上記法案に反対した人は一人もおらず

しかも蓮舫氏は、この法案の設立当時まだ議員当選していなかった!

根拠(証拠)のない、単に受けを狙ったフェイクニュースだった!!

 

 

さらに新聞各社もこのフィフィのTwitterをそのまま掲載してしまった!

その記事の基となる根拠が真実(ファクト)かどうかのチェックがされていないのです。

新聞といえども活字のニュースを鵜のみにして、

自分で確かめるという意識がないと簡単に ダマされるのです。

 

実は、コメット歯科も被害者なのに、加害者の様に、事実と全く違う内容で 

一部の新聞に報道された腹立たしい経験があります。

 

 

事実を曲げた情報が広まることを意図して 相手の名誉を棄損する(著しく傷つける)ことを

「印象操作」と言います。

 

一度そうした書き込みや投稿をネットにあげられ、それが広まって消すのは大変です。

 

 

コメット歯科では、現在 Google MAPのサイトで、患者を装った

何の根拠もない悪質フェイクニュースを消すために、

弁護士の先生に依頼しています。

 

更に恐ろしいことに・・

 

フェイクニュースが人の命まで奪ってしまう事例があったことに衝撃を受けました。

 

 

このフェイクニュースで自殺に追い込まれた方は、台湾の誠実な外交官でした。

そこでこうした事件を重く見た台湾政府は、

ネットなどでフェイクニュース(嘘)を拡散した人たちに

重い罰金を科すことを決定したのです!

 

私の言いたいことを池上 彰氏がコメントしてくれました。

 

「ここまで来ると、本当か嘘か見分けろと言っても素人には無理ですよね。

だから逆に、見分ける力というよりは、いわゆる健全な常識といいますか、

“ちょっと待てよ”と考えてみてください。

それはどの番組で言っているのか、どこのサイトに書かれているのか、

まさかこのサイトでこんなニュースが出るわけがないよね、

というようないわゆる常識を働かせることがますます大事になると思いますね。

※例えば、上田院長と安江社長の共犯で Yahooの知恵袋などにわざわざ

「(名指しで)岐阜市のコメット歯科は、最悪 最低の歯医者で最も行ってはいけない歯医者なのです」

なんて口コミ書かれたけど・・・

まさか こうしたニュースがこのサイトで出るわけないよね。

 って 見破って欲しいですね。

 

次回は、恐ろしい計画されたフェイクニュースのアメリカの事例で「COMET」が出てくるので、お伝えします。

 

追加のお知らせ

桜桃歯科の上田院長がコメット歯科で行っている顎関節治療を 

「治療する必要のない治療 

放置しておけば治る病気 また全身性の疾患とは全く無関係

何の医学的根拠もありません。」

 

と堂々フェイクニュースをTVコマーシャルでも流しています。

この点に関する最新の研究がテレビで放映されます。

当院の顎関節治療の主任DR安奈が 共同研究の件でもお世話になっている

東京歯科大の武田教授が、NHKのためしてガッテン!に出演なさいます。

こんなお知らせメールを頂きましたので、ご紹介いたします。

 

武田教授の出演予定のテレビ番組についてのご連絡になります。
・タイトル:「 ガッテン! 〜新時代の日本人に警告!謎の「〇〇こり」SP〜
・放送日:6月12日(水) 19:30〜20:15(NHK総合)
・再放送:6月19日(水) 15:08〜15:53(NHK総合)
番組は顎関節症に関する内容となりますが、
エンディングにて「噛む力」に注目した最新研究の例として、
ロッテのガム開発の様子の紹介とともに、
武田教授のインタビューが放送されるとのことですので
ご確認のほどよろしくお願いいたします。

 

「人の言葉をすべて信じてはなりません。いつもすべての事を確かめなさい。

  不義な者が多く出ているからです。」(聖書より)

 

桜桃歯科への損害賠償請求についての反響・・その1

JUGEMテーマ:インターネット

JUGEMテーマ:歯科

私のブログへのコメントも届いています。

歯科衛生士の立場から○○さんと△△さんのコメントを複合でご紹介いたします。

 

訴訟に関して、共犯だった名古屋のネット業者 ASUEの安江 真一社長の謝罪の姿勢は、

当然だと思いますが、上田院長の相変わらずの対応には

あきれるばかりです。

桜桃歯科のHPに載せられている文面にある

「様々な噂で、患者様に不安な思いをおかけしている事を深くお詫び申し上げます。」

というのは誤りだと思います。

ただの噂などではなく、

上田院長が実際に行った行為の結果、桜桃そしてコメットの患者様に

不安な思いをさせているのです。それをいつまでも認めず、問題をすり替えるように

逃げてばかりというのは、本当に卑怯者です。

自分を良い者に見せかけるという点で 上田院長は、偽善者です!

一刻も早くその事が裁判で明らかになってくれることを

願っています。」

 

頑張って下さいという感じのメッセージでした。

 

応援 ありがとうございます。

 

 

歯科関係で事務業務のお仕事をされている○○さんからのコメント

 

「報道関係者の他にも、患者様や歯科医師の方々からも

この事件についてたくさん関心があり、すごく注目されているんだなあと

思いました。この記事が掲載されているパネル(公共の掲示板)

立ち止まってじっくり読まれている方の姿もよく見かけます。

そういう姿を見ると、皆さん事件のことに関心があって、事の成り行きを

知ろうとしてくれているのが伝わって来ます。納得いく結末が出ることを期待しています。

若者の間でも頻発している(いじめ 自殺者までも出している)ネット犯罪に

罰金のような性質がある「損害賠償金」が、本当に高額であればある程 

今後の模倣犯にかなりブレーキなると思います。

警鐘となる事例に なって行くことを信じています」

 

 

医師としての使命(ミッション)、患者様への愛情・・・これがコメットの「ポリシー」です

 

「自分にして欲しいと思う事を同じように他の人にもしなければなりません」(聖書より)

 

1億円損害賠償請求 桜桃歯科の上田院長へ

 JUGEMテーマ:インターネット

JUGEMテーマ:歯科

 

損害賠償請求金額 1億円!

 

と聞くと 破格な金額! と事情に通じていない人は思うかもしれませんが、

この金額 実は、かなり控えめなのです。

 

すでに ネットニュースや新聞等でも何回か報道されているのでご存知の方も多いのですが、

コメット歯科は、各務原市で開業の桜桃歯科 上田院長

共犯の名古屋のネット業者 株式会社ASUEの安江 真一 社長の二人を相手取り

損害賠償の訴訟中なのですが、今日は、1億円という賠償金額の根拠をご説明したいと思います。

 

今回の訴訟には入れておりませんが、上田院長が、○○ネットなどにコメット歯科に対して 

ネットの投稿という手法を使って悪口 ブラック書き込みをし始めてから

少なくとも10年以上が経つようです。

それ以来ずーと コメット歯科は上田院長からの被害を受けてきております。

特にYahooの知恵袋(今回の訴訟に含まれている)などに「コメット歯科」の固有名が出されたことによって 

誤解され売り上げは、大きく落ち込みました。

コメット歯科は、東京や大阪 九州など遠方の患者様たちが大きな治療をなさるので、

このネットによる被害は、普通の歯医者の打撃の規模ではありませんでした。

あれから何年もの間(名誉棄損の悪口を完全に削除されていないので 現在も進行形ですが)

ネットに嘘の書き込みをされたことによる、その風評被害は、

警察に我慢できなくなり被害届と犯人特定の調査を依頼してからのここ数年間で、

少なくとも合計6億円ほどの被害が試算されています。とんでもない被害金額です。

 

ですが コメット歯科の損害賠償金額は、1億円と控えめなのです。

 

そんな状況を知ってか、同業者の歯科医師の方からこんなお電話をいただきました。

上田院長「年商5億円を売り上げる」という自慢話の本を出版して

歯科医を集め「このようにして稼いでいる」と得意気に語り

"ヘドが出るほど不愉快な気持ちになった”と言う某先生から

電話がありました。(某先生とは面識がありません)

 

また 別の方のご意見です

年商5億円の稼ぎ?? そう思うとコメットさんの1億円損害賠償請求など 

桜桃の上田院長の稼ぎからしたら たった2ヶ月半じゃないですか!

人に何年も迷惑をかけて 1億円なんて軽すぎですよ!」

とおっしゃる方もおられました。

「神は侮られる方ではありません。

人は、自分の蒔いた者それを又刈り取る事になるのです」(聖書より)

 

 

被害者のコメット歯科の訴訟相手「桜桃歯科&ネット業者」 1億円損害賠償事件

JUGEMテーマ:インターネット

JUGEMテーマ:歯科

先週も コメット歯科が 各務原市の桜桃歯科の上田院長を相手取っての

名誉毀損と営業妨害された事による一億円の損害賠償請求事件 について のお問い合わせがありました。


「確実に裁判にて審議は進行していますが

名古屋のネット業者ASUE株式会社 安江真一 社長は、反省の意を表しておりますが、

桜桃歯科の上田院長に関しては、反省の意は、全く確認できていない状態です。

勿論 議論を尽くさねばなりませんので、裁判官始め 双方代理人弁護士さんたちが

しっかり取り組んで頂いている途中です。」


と心配をして下さっていることに深い感謝の気持ちを込めながら、決まって上記のようにお応えしているのです。

訴訟を起こしてから2年が経ちますが、改めて患者様だけでなく

TVや雑誌、新聞社の報道関係の方 同業者の歯科医師たち 

ご連絡いただいた方たちは、一人や二人ではありません。

別の要件での話のついでの質問ではなくて、ワザワザお電話やメールを下さっているのです。

こんなに多くの方たちが関心を持って下さっているんだ!と驚いているところです。

 

今回判決が出るならば、社会的な影響は、私が想像している以上のものになるのでしょう!

注目度が半端ではないのです!


ところで ご連絡下さる方たちは、コメット歯科を応援して下さると言っても 

人が考え、行動するには、それ相当の理由があるはずなのです。

ですからその理由を必ずお聞きしています。

すると 報道関係の方は、ネット犯罪に対する法の裁き 

またこの事件は、「モラハラ」問題と被害が関係しているので注目なさっているのだそうです。

話題性があるのです。

なぜっていくら自分の主張が真実で正しいと上田院長が主張しても 

コメット歯科の事を「詐欺治療」だとか

「まともな治療をしているんじゃなくて 必要のない治療に金を出させている 

カルト宗教だ。加えて通う患者は、騙されていることに気づかない盲信した信徒

 

と言った事をYahooの知恵袋を始め 色々な口コミサイトに何回もネット業者を通じて書き込みました。

今もネット上から完全にそうした事実ではない口コミが消えているわけではありません。 

コメット歯科は実名で載せ、投稿者である桜桃歯科の上田院長は匿名で 

ある時は自分を岐阜市で開業している歯科医師と名乗りまでついて(実際は、各務原市 開業です)

中傷・名誉毀損の書き込みを続けていきました。

現在も自分は、真実をネットで公表した正義の人 と主張しているのですから、

その人間性も含めて唖然とするばかりです。

 

ところが 先日 面白いものを見つけましたよ。

桜桃歯科のHPのトップの画面が変化しているのです!


こうした文面です。

 

桜桃歯科は現在、岐阜市内の某歯科医院と民事裁判係争中です。
治療トラブルによる裁判では御座いませんが、この件に関する様々な噂等で患者様に
不安な思いをおかけしている事を深くお詫び申し上げます。
また、温かく見守ってくださっている患者様、および関係者の方々にも
変わらぬご厚情に深謝致します。
桜桃歯科院長 上田裕康

 

どうして自身のHPにコメット歯科と書かずに某歯科医院なのでしょうか?
全国ネットでは、

自分を匿名にして「コメット歯科は、最低 最悪の歯医者です。

歯科医師の間でも最も行ってはいけない歯医者だと話しているのです

 

って何回も書いているんですよ。


謝罪する気持ちがもし本当に 一カケラでもあるなら、被害を与えた コメット歯科にお詫びすべきでしょう!

上田院長は、加害者ですからね。そして今回の一連の事件の首謀者ですよね。


今年の2月24日 保険医協会主催の講演会に院長と私が出席した時、

偶然に 私たちの席の数列後ろにいた上田院長を見かけました。

彼も確かに私たちに気がついきました。

そこで私は、手を挙げて合図するようなポーズをし、大急ぎで講演の資料をバックに詰め込み 

丁度良い機会だわ!と心に思い、後ろにいた彼に詰め寄ろうと彼の方に歩き出しました。

他の先生方も周囲におられましたから、かえって好都合と思いました。

そして彼に直接

「あなたのところでインプラントした患者様の失敗で、うちに逃げるようにして転医して来た患者様の○○様を引き受けて 

大事にならぬよう穏便にできるようにと あなたをカバーしてきた あなたの先輩である院長に対して 

感謝こそすれば、である筈なのに 

よりにもよってあろうことか、裏からネットなどを使って卑怯な方法で誹謗中傷・名誉毀損するとはどういうこと!? 

あの当時 “感謝のしるしに” と菓子折りを贈ってきたじゃないの!

その恩に対して あなた 何を 考えているのですか!?」

 

と質問したいと思い 熱い思いで後ろに歩き出すと、・・・

まるで殺気を感じた人のように 背中を丸めてサッと走り去るように姿を消して 

人ごみに中で 見失ってしまいした。私は、真っ向から勝負したかったです!


では次回は、連絡いただいた桜桃歯科の上田院長からの被害者たちについて語ります。

いったいどんなことがあったのでしょう?

被害者たちに共通するところとは、

辛い思いをさせられたり 

憤慨するほどの怒りを抱かせられたり、

吐き気がするほどうんざりさせたれたり、

金銭的な治療費の被害にあって弁償してもらえないなどの悲しい体験をさせられたり 

 

とご自身の経験を赤裸々にそして切々に話してくださいました。

具体的にどんな被害なのでしょうか? 

順次 ブログを通してお伝えいたします。

このブログを読んで 「私も同じ!」 と思う方がおられたら 是非 コメット歯科までご連絡ください。

特に治療上での被害を被った方は、費用的にも特別な配慮を払って対応させていただきます。

ご安心ください。どうぞ 遠慮なく ご連絡を心よりお待ちしております。

コメット歯科のモットー

「自分にして欲しいと思うことを同じように他の人にもしなければならない」(聖書より)

訴訟中の相手「桜桃歯科」 患者、乱暴な治療に悲鳴

JUGEMテーマ:歯科

今日は、コメット歯科が、ネット犯罪を被り多大なる被害を受けたので名誉棄損 誹謗中傷で訴えている 

同業者で 各務原市で開業している「桜桃歯科」の上田院長について 書きます。

上田院長は、何をしたかというと名古屋のネット業者を使って 

患者になりすましたり 匿名の歯科医師という立場で 「Yahoo!知恵袋」など

複数のネットの口コミサイトに コメット歯科の実名を入れて 

「詐欺治療」だとか「カルト宗教の集団」などと何の根拠も無いのに

書きたい放題 複数のサイトに投稿し 世の中に拡散させた罪です。(ネット犯罪)

警察が摘発して それ以後 裁判ですが、今日まで、何の反省もないまま、

「何が悪い!」と開き直っております。

裁判で抗争中でありますが、

現在に至るまで 上田院長たちは、コメット歯科が、「詐欺治療」だとか「カルト宗教の集団」など

という事の根拠は出せておりません!(当り前でしょう!! 事実無根ですから!)

 

しかしこれだけの作り話は、インプラントや顎関節症など本当に辛くて 

救いを求めて当院に通院して下さる患者様に

病気からの解放を閉ざす行為となるのです。 

医療人として本当に許すことの出来ない行為です!

なので 妥協できません!戦い続けます。

 

最近 又 桜桃歯科の治療で「被害を受けた」という患者様がご来院になりました。

そこで 「またか!ひどい!かわいそう」と

胸が痛み 思いが募ったのでブログに書くことにしました。

 

それは・・・

ひどい治療をされて被害を受けた患者様のAさん(仮名)、

先日 コメット歯科に助けを求めに駆け込んで来られました。

確かに お口の中を拝見すると 大変気の毒な状態になっておりました。

ただ私も一方的な患者様からだけのお話では、推測は、十分にできるものの、

偏見的な判断は危険なので、弁護士さんに相談するように提案いたしました。

「泣き寝入りは したくないのです!」

と涙を流しながらおっしゃっておられました。彼女は、行動なさるでしょう。

 

そう言えば、局長からこんな話も聞いていたことを思い出しました。

 

局長の行きつけの理髪店の店長さんの話。

彼は45才くらい・・・3か月ほど前に局長に悩みを打ち明けました。

店長さん「今通っている歯医者の治療が乱暴で怖くてしょうがないんです。

1本抜歯することになってのこと、麻酔の注射の打ち方が荒っぽく痛い!

インプラントも入れたんですがこれ以上通う気がしないんです」

ということでした。

局長「それどこの歯医者?」局長は内心 桜桃歯科じゃないか?と思って彼の答えを待ったそうです。

すると・・・

店長さん「各務ヶ原の桜桃歯科です。」

局長「馬鹿だねぇ・・・・・・・・・」

その後、コメット歯科に転院してきたところ、

あくまでもご本人の感想ですが)

抜かなくてもよい歯が抜かれていた気がする との事でした。

 

別の患者様からの話

数日前のこと

送迎のKさんから頂いたお手紙は2通でした。

その1通は、一連の治療が終了して定期検診に入る事が出来たことへの 

コメット歯科への心からの感謝の手紙

(内容は、後日記載いたしますが、本当に涙が出るほど励まされ 嬉しかったです)

 

もう1通は、とても考えさせられる「桜桃歯科」の話を手紙にしたためてあったのです。

 

では、全文をご紹介します。

「友達のお祖母さんが桜桃歯科に行っては毎日泣いて帰って来るので

詳しく話を聞いたら”虫歯でない歯まで削られた”と言ったのでそこは

「コメット歯科さんを誹謗中傷した所だよ」と教えてあげました。

歯医者選びはホームページを見るとわかるよ。」

初診で一度行ってみればわかる。」 

私も『顎関節症』になって初めて分かった。

 

そのお友達のお祖母さんは亡くなったそうです。

可哀そう ひどいことされて。

 

次回は、K様が、コメット歯科に実際に長い間 通院されての 

ありがたい心温まる感謝のお手紙 そのもう1通をご紹介させていただきます。

私たちの喜びは、患者様の笑顔なのです!

 

コメット歯科のモットー

「自分にして欲しいと思う事を同じように他の人にもしなさい」(聖書より)

 

ネット犯罪の主犯 桜桃歯科院長上田訴訟裁判・・・沢山の方から届く応援エール

JUGEMテーマ:インターネット

岐阜県各務原市で開業の桜桃歯科 上田院長を訴えて裁判中です。

ご存知ない方もおられるかもしれないので、簡単に事件の内容をお話しします。

事件は、ネットを使い投稿者である上田院長は、自分の名前を隠して

コメット歯科を誹謗中傷し それをこともあろうかプロの業者に依頼してネットで拡散させた事件です。

これは、単独犯ではなく名古屋のネット業者 ASUE(代表者 安江)に依頼して 

費用をかけて 繰り返し 繰り返し行うという策略を行いました。

警察の2年がかりの地道な調査によって 犯人を見つけることができました。

ネットの投稿内容は、名誉棄損の連続なのですが、特に私が許せない!と思ったことは、

コメット歯科を信頼してご通院下さっている大切な患者様をバカにしたこと!

また 上田院長の治療の失敗を助けて 彼の名誉を思いやりを持ってサポートしてきた

コメット歯科の院長 彼の大学の大先輩でもあ

私の夫である 金光院長の治療を「詐欺行為」とニセの患者を装っての口コミをしたりもしました。

本当なら 恩を感じてしかるべきですのに! 

(確かに助けてもらった時は、上田院長は、危なかったのです。

なぜなら下手すると裁判沙汰になるような医療ミスと言われても仕方ないような治療を行ったからです。

被害を受けた患者様は 泣いて駆け込み寺のようにコメット歯科に逃げ込んで来られました。

その患者様を 当院で治療しなおし 穏便にことが済むように取り計らったのです。

そのことに感謝したと思われますが、事が落ち着いた後 菓子折りを送ってきました)

そんな経緯を思い出せば、今回の背中からの闇討ち事件は、

医療人としての破廉恥極まりない 事件であり これからのネット社会に警鐘を鳴らすべき事件と思います。

 

著しく信用を失墜させる悪質な行い。

しかし 上田院長の思惑通り 当然の事、コメットは経営的にも深刻な損失を蒙りました。

上田院長は悪行が狙い通りに運び、その時は得意の胸中だったでしょう。

勝者のように調子に乗った彼は、ネットを用いた賢い歯医者として自分を誇り 

トゥインクルなる歯科医師のグループを立ち上げ 本を出版したり 

他の歯医者にDMを送って講演を聞きに来るように招待したりしていました。

出席した人によると

「反吐が出るほど、自分の自慢ばかりしている彼の講演を聞きに行って 

全く得るものなかったし、時間と費用を払ったことが腹立たしくて仕方がない!」

ともおっしゃっていました。

 

しかし、その後暫くして 警察の捜査は上田院長を見事犯人として探し当てたのでした!

上田院長の指示に応じたネット業者はおおいに反省し、弁護士を通じ謝罪の意を伝えてきました。

彼には、ビジネスでも人の道を外すことは、間違いであるという「認識」があったと思います。

”誹謗中傷拡散”を指示した当の上田院長には反省の色は、全くありません。

今年 1月25日に開かれた裁判でも 言葉における謝罪の意思も全く無し

責任問題での賠償金も、ゼロ円 回答でした。

人は、利己的になると善悪が全く見えなくなる獣のようになるのでしょうか!

 

ところが、最近この裁判を知った沢山の方から電話で”応援のエール”が届くようになりました。

一部をご紹介します。

それは、名古屋市の開業歯科医師の先生から・・・

「応援しています!しっかり頑張って下さい! 〇〇歯科医師会も応援しています!」であったり

 

岐阜県の中年女性の方から・・・

「桜桃歯科の院長の上田にインプラントを入れてもらったが、後々不具合で

困って桜桃に行ったら ”何ともない!”と相手にされず、3秒で追い返され

その不親切さと事後の面倒見の悪さに、信頼を裏切られた悔しさで悲しくて・・・

ひどい話です!コメットさんが裁判しているという話を耳にしたので、

ぜひとも頑張って頂きたいと電話しました。応援しています。」

 

これらはいづれも、お会いしたこともない方々からの”応援エール”でした。

 

コメットは医療従事者としての使命、

患者様に寄り添って”愛の治療”を貫徹したいと思います。

 

※追伸 ナニコレ珍百景の放映が決まりました!

明日2月3日今週の日曜日 テレビ朝日 (東海地方では6チャンネル )18:30から

比較的早い時間帯だそうです。ぜひ 見て下さいね!

 

「愛と勇気を胸当てとして 真実の剣をもって正義のために戦いなさい」(聖書より)

 

 

ネット犯罪の被害を患者様と共に乗り越えるコメット歯科 

JUGEMテーマ:インターネット

JUGEMテーマ:歯科

局長からの嬉しい報告からさせて頂きます。

 

今日は愛知県の知多半島から治療にお通いの患者様・・・

T様を送迎させて頂きました。

車の中でT様からこんなお話がありました。

 

Tさま「・・・待合室で流れているモニターには多くさんのテレビ局で

放送された映像が紹介されていますが、宮殿のような綺麗で豪華な建物が

話題の中心になっているのが多いですが、先端治療が行なわれている事こそ

広く伝えてほしいとお思います・・・知人から

”どうしてそんな遠い所の歯医者に行くの?”と聞かれますが

優れた質の高い治療が行なわれているから・・・と説明します。」

 

 

コメットの治療ではお料理で言うなら「隠し味」がいろいろあります・・・

(企業秘密なので詳しいことは申し上げられませんが・・・)

「ここは他の歯医者と全然違う!」という声を、他のたくさんの患者様からも

お聞きします。

 

副院長のひとり言

※ こうした真実を語って下さる患者様に本当に感謝の気持ちでいっぱいです。

これは、コメット歯科が創業41年スタッフと共有しながら創り上げてきた

「世界一のラグジュアリーサービスを目指す!」

の下に先端医療を導入してきた結果なのです。

しかしこれを 各務原市の開業医 桜桃歯科の上田院長は、名古屋のネット業者安江と組んで

コメットに通ってくださる患者様をカルト教団の信徒の様とバカ呼ばわりして、

コメット歯科は、詐欺歯医者と名指しでYahooの知恵袋に書き込むなど 

ネットで拡散しての何年も何回もネット犯罪を行いました。 

警察が摘発してから4年以上も経ちます。 

いよいよ裁判も来週25日金曜日に 大詰めを迎えるような展開が予想されます。

あらん限りの悪あがきと言い訳を上田院長は試みてきましたが、その弁明もついに新鮮さを失い 

同じ論議の繰り返しになって参りました。

本人の主張した「正義の戦い」とやらは、全く証明できませんでした。

そして裁判の形勢悪しと見た ネット業者の方は、白旗を振って降参し 

和解金額を提示しての被告人から名前を取り除いて欲しいと示談を申し込んで参りました。

(まだ 示談は、成立しておりません)心から感謝であります。 

ですから この場で少し進捗状況を少しお伝えすることにしました。

 

今後も コメット歯科は、「すべては 患者様のために」を貫いて参ります。

応援 よろしくお願います。

※昨年 ありえへん世界に放映されました。

コメット歯科のモットー

「自分にして欲しいと思う事を同じように他の人にも同じように他の人にもしなさい」(聖書より)

騙しの術を見破って!ネット犯罪の歯科医師、情報誌の医療情報を作為的に操作・・桜桃歯科 

JUGEMテーマ:歯科

このブログの1月24日に上記のタイトルで投稿いたしました。

すると 最近 下記の嬉しいコメントを頂きました。ご紹介致します。

記事は、chiko-comet.jugem.jp/?eid=3063
「騙しの術を見破って!ネット犯罪の歯科医師、情報誌の医療情報を作為的に操作・・桜桃歯科

 

裁判の進展状況を少しご報告いたします。

裁判は 回を重ねるごとに 段々 上田院長の言い逃れの化けの皮が剥がされ 

悪質さが露見するようになってきました。

彼は、最初は匿名で自分ではなくネット業者の暴走であるといった主張をし

その主張の矛盾が明らかになると

上田院長は、世の中の公益性 と真実性の目的のために行った。

コメット歯科の行っている医療は、詐欺行為であり、

カウセリングで騙され、必要のない治療をさせられる被害者(患者)がこれ以上でない様に 

広くネットで知らしめた善意ある立派な行為 と言ってきました。

盗人猛々しいとは、このことで 反省の気持ちなど全くありません。

 

そうした中で下記のような 大変励まされるコメントを「北山」様から頂きました。

誠にありがとうございます。深く感謝いたします。

 

コメット歯科さん、がんばってください!


私の患者としての経験から、顎関節学会の歯科にはたいへんな懸念を抱いています。

顎の位置を考えない歯科は偽物です。私が顎関節学会の歯科に行ったのは、

他院での補綴物が元々の自歯の形状と目視で大きく異なっていたので、

顎の位置が変化しているだろうと考えたためでした。

ところが、顎関節学会の歯科では、歯の噛み合い方を診察しなかったり、

わざとおかしな噛み方をしている、どこの歯医者に行っても同じだから行くななど、

中傷やでたらめなことを言い聞かせて、診療を行わないことがありました。

そのため、たらい回しになりました。

最後に行ったのは某国立大学の歯科でしたが、まともな診察ではなく、

結局、その後、顎の位置が寄らないよう自分で気をつけていたら、

顎が元々の位置の方に変化し、顎に発生していた痛みなどが劇的に改善するという体験をしました。

歯科に行くのが不安になって、なかなか行きにくく、1年くらい噛み合わせが顎の位置と異なっている状態です。

コメット歯科のような良心的な歯科があることに大きな希望を感じました。ぜひとも、顎関節の良い治療が普及できますようがんばってください。

 

コメント誠にありがとうございます。深く感謝いたします。

患者様の為に がんばります。

コメット歯科の変わらぬポリシーは「すべては、患者様の為にです」

「自分にして欲しいと思う事は、おなじ同じように他の人にもしなさい」(聖書より)

騙しの術を見破って!ネット犯罪の歯科医師、情報誌の医療情報を作為的に操作・・桜桃歯科

JUGEMテーマ:歯科

JUGEMテーマ:インターネット

コメット歯科が、岐阜県各務原市 桜桃歯科の上田院長に誹謗中傷 営業妨害などで

1億円の損害賠償裁判を起こしております。そんな中 またまた患者様を間違った情報

偏った情報で誤導していく という情報操作が、広く配布されている情報誌「咲楽 1月号」に掲載されました。

この情報操作の記事によって 患者様が、不安に大変になる事件が起きました!お話を伺って こちらも医療人として非常に呆れ、驚き義憤にかられた残念な事が起きたのです。

 

上田院長は、「日本顎関節学会:のリーフレット(ネットで情報をご確認いただけます)を引用して
作為的に情報をねじ曲げているのです。

その点を下記のブログ(DR 安奈のコメットライフ)で暴露しておりますのでご覧いただきたいと思います。

http://anna-comet.jugem.jp/ 1月22日

 

自説の「噛み合わせ」に関して 自分が間違っていると分かっていて 患者を誤導しようといている節が見えるのです。※下記の記事が掲載記事です。
記事の内容は、こうです。
一般社団法人「日本顎関節学会」のリーフレットから
『顎関節への治療としての咬合(噛み合わせ)調整は、容易に行うべきではない』
という文言を 原文の大切な条件の部分を削除して つまり医療情報を作為的に操作して掲載しているのです。
歯科医師なら誰でも知っている事ですが、「咬合調整」とは、「歯を削る行為」と理解いたします。
しかし 一般の方には、「咬合調整」とは、この文から「噛み合わせ治療」と思い込んでしまいますよね。
それが 上田院長の騙しのテクニックなのです!
さて どんな言葉が、原文にあるか 実際に確認してみて下さい。
http://kokuhoken.net/jstmj/publication/file/guideline/primary_care_guideline.pdf
Q1顎関節症だから、歯を削って調整します」それって、有効?
このアンサーとしてA1 いきなり歯を削る噛み合わせの調整を受けるのは、できるだけ避けましょう。
ここで 賢い読者の方は、お気づきになりましたね!!
「いきなり歯を削る」という行為について 注意を促しているのです。
ではでは もう一度 上田院長の騙しのテクニックを検証してみます!
一般社団法人「日本顎関節学会」のリーフレットから
『顎関節への治療としての咬合(噛み合わせ)調整は、容易に行うべきではない』
という文言です。
「咬合(噛み合わせ)調整」という言葉は、「歯を削って」という原文の条件の言葉を削って 
原文には無い(噛み合わせ)という言葉をつけ足している 作為が 分かります。
「咬合調整」という言葉の意味を正確に知らない一般の方は、簡単に騙されてしまっても無理のない事ですよね。
その結果患者様を混迷させる事件が起きたのです。
言葉巧みに誘導されるままに 「歯を削ることなく」理想的な噛み位置に顎の位置を誘導して、
正しい噛み合わせの位置に調整していく「ニューロマスキュラー顎関節(噛み合わせ)治療」と勘違いさせられてしまったのです。
では、「咬合調整」とは、歯を削って行う医療行為に言及して 普通に使用することを
歯科医師なら誰でも知っている共通認識であることをこれからご説明いたします。。
それは 健康保険の定義にも 歯を削る行為に対して「咬合調整」という呼び方をして
その点数を算定しているからです。
下記に 健康保険法の解釈と定義に関するガイドラインを紹介致します。
P303より「歯の削合を行うことに限定して「咬合調整」という言葉を使っているのです。

確かに 歯科医師の中には「噛み合わせ」を調整するために 歯を削る処置を事を安易にする人がいることは知っております。
しかも健康保険では、 「咬合調整」= 歯を削る事 だけが点数算定可能なのです。
ここで しっかり理解していただきたいのは、
「咬合調整」= ニューロマスキュラー顎関節(噛み合わせ)治療 ではないという事なのです。
更にまず 最初にお断りしておきますが、
「コメット歯科は 顎関節(噛み合わせ)治療のために歯の削合は、致しておりません。」
むしろ その逆で噛み合わせを挙上していくことがほとんどです。
というのは、 歯は使用すれば、年齢と共にすり減って、そうでなくても若い時より自然に低い噛み合わせになることが予想されます。勿論 補綴物(かぶせ物)が、噛み合わせを狂わせてしまう事もあります。
そうした結果 顎関節にダメージが起きて 顎関節症になる方も多いのです。咬合位が低い事が、問題になることがほとんどです。
ですから プロビジョナル 又はオーソシス(可撤式)の咬合誘導装置をマウスピースのように口に入れることによって噛み合わせを更に正常(高い)位置に持っていく治療を致します。顎関節円盤が、圧迫されないような理想的な噛み位置に誘導するのです。
ですから
コメット歯科は、ニューロマスキュラー顎関節(噛み合わせ)治療のために歯の削合なしないのです!
ここで 重要なことは、
歯を削ることを意味する「咬合調整」= 顎関節(噛み合わせ)治療 ではないので
コメット歯科の治療に当てはまらないことは、明確です。
では、上田院長が、この医療情報を作為的にこ「歯を削る」という条件の言葉を削除して
悪意ある情報操作をしたことを私どもコメット歯科が医療人として許せないとの思いで 詳しく暴露するべき! と思ったのか、そのきっかけとなった事件をお話しいたします。
 大変 驚き義憤にかられた残念な事が患者様の身に起きたのです。 
数日前コメット歯科で ニューロマスキュラー顎関節(噛み合わせ)治療を矯正治療という方法を選択して治しておられる患者様が、この
情報誌(咲楽1月号)の記事を持ってきて
「とっても不安になって迷ってしまったのです」という 苦痛の声をお聞きしたのです。
愕然としました!
その方を迷わせた記事は、今 問題にしているこの写真の記事です。
※上記の記事の抜粋です。
「コメットさんを信じて 噛み合わせ(矯正)治療を受けているのに この情報誌(咲楽1月号)によると
『咬合(噛み合わせ)調整を容易にすべきではない』 と書かれているので すごく不安になって・・・このまま治療継続していて良いのでしょうか?」
と 言われました。
顎関節治療でニューロマスキュラー矯正を担当している 国際認定医というレベルの高い成功治療を行ったドクターだけに与えられる資格を持っております、Dr 安奈は、
「『咬合調整』というのは、歯を削る事なのです。それを容易にすべきではないという事なのです。私は、○○様の歯を1度でも少しでも削ったことがありましたか?」
患者様「いいえ 一度もありません。えっ? じゃー
『咬合調整』と今 私が受けている『ニューロマスキュラー矯顎関節(噛み合わせ)治療』は、全然違うのですね。(騙されたみたい!あんなに心配したことは、何だったの!)

実は、私たち歯科医療に携わっている者は、常識のように「咬合調整」すなわち 直ぐに歯を削って治療 
と歯科医療の健康保険的通常の解釈をしておりましたので 「容易に歯を削るべきではない」という文言を
あまりに当たり前のことなので そこに(噛み合わせ)治療という表現があることを少し不自然には感じましたが もっとひどい「詐欺治療」などと誹謗中傷されておりましたから、さほど問題視しなかったのです。
しかし ここに上田院長が仕掛けた 患者様を巻き込むよう企てられた‟とんでもない悪意ある罠”があったのだ と犠牲者となった患者様の声によって気が付いたのです。
医療人として 正確な医療情報の提供は 根幹となる最も大切なことの1つです。
ここで上田が、わざわざ「日本顎関節学会:のリーフレット」から「いきなり歯を削ることによって」という文言を意図的に削除して
噛み合わせ治療 即ち ニューロマスキュラー顎関節治療を容易にしない方が良い と結論図けて コメット歯科の診療科目としての「顎関節治療」を否定しようとしている 悪意ある作為的意図がしっかり見えたのです!
しかも このリーフレットは、こう最後に結んで使用目的の意図が上田院長のそれとは異なっている事を示しています。
※抜粋 患者と医療者を支援する目的で作成されており、臨床現場における意思決定の際に、
判断材料の一つとして利用することが出来ます。
ただし、この診療ガイドラインは、医療者の経験を否定するものではありません。
つまり ニューロマスキュラー治療も否定しているわけではないとのことです。
当然です コメット歯科では、2000症例ほどの顎関節(噛み合わせ)治療のための検査を行っており 
喜ばしい成果が沢山あります。
多くの患者様からの感謝の言葉は、私たちに勇気と医療人としての誇りを与えてくれる宝となっております。
しかし 桜桃歯科の上田院長は、‟Yahoo!の知恵袋”に自作自演でコメット歯科と名指しで「詐欺治療」
と投稿したり 
‟2チャンネル”にも同様の詐欺行為として何度も中傷しました。(現在は、削除命令の下で削除されています)
この同じ精神で上田院長は、反省の意図が見られず 今回の情報誌への掲載でした。
しかも このコメット歯科を意識してと思われますが、コメット歯科の数ページ後に広告を出すやり方も 
今回の惑わされそうになった患者様も含めて 迷惑行為が行われております。
営業妨害的 悪意が見て取れます。
裁判は、上記の件も考慮して 被告の人格の悪質さ、不正確な情報を堂々と載せていく医療人として患者様を救う使命感が著しく欠如している事も浮き彫りにして反証していくことになります。

「本物の愛は、真実を擁護し正直です。そして人を豊かに幸せにしていくのです」(聖書より)

ネット犯罪者、損害賠償裁判の被告の同業者の院長の言い分?

JUGEMテーマ:インターネット

JUGEMテーマ:歯科

カウセリングをさせて頂いた患者様から 裁判のことも踏まえて こんなお話が出ました。


「先生 情報誌にコメット歯科さんが色々医療情報を毎月 掲載しておられるでしょ。

その情報誌のすぐ後のページに堂々と

『顎関節症は全身疾患と関係すると言った医学的根拠は、国内外で全くありません』
なんて 呆れたことを 断言して書く歯医者がいるなんて なんて厚顔無恥なんでしょうね。

テレビでも顎関節症は全身疾患と関係するという事やってましたよ!

又こんな明らかに間違った情報を平気で調査もせずに掲載している雑誌社は、

公共性という面で問題無いのでしょうかね?自説が絶対不変の理論であるかのような決めつけ表現を平気で

掲載するっていうのは、情報の公正さという点から鑑み 改善すべきではないかと思うのです。

こんな決めつけは、おかしいですよね。先生 反論して下さいよ。」

 

そこで・・・・

裁判でも被告としての上田院長が同じ主張をしているので、こちらの弁護士団は、こう反論しています。
「顎関節症が原因となって,『痴呆』や何らかの全身疾患に至るなどということは,医学的根拠はない」

とある部分は,被告上田自らの考えを述べるにすぎない。下記2にて関係論文等を挙げる。
イ 顎関節症や咬み合わせの問題による全身状態の変化については,これまでに長期間にわたって研究が重ねられ,極めて多数の報告がなされている。
次に示すとおり,関係論文も枚挙にいとまがない。

(ア) 咬み合わせの干渉,顎の位置や上下の位置関係等の要素が,全身の姿勢(特に重心動揺及び抗重力筋)や平衡機能に大きな影響を及ぼすことにつき,例えば,甲15の1から甲15の6までの論文が挙げられる。
上述した要素の変化が,より大きな重心動揺や筋活動量の変化を引き起こし,全身の直立姿勢や平衡機能に影響を及ぼすことや,干渉の除去や顎の位置を元に戻すことにより,全身の直立姿勢や平衡機能に生じていた影響が相当程度消失したことなどが示されている。

(イ) 上下の顎の位置関係,咬み合わせ支持領域の大小や左右の対称性等の要素が,全身の筋力(特に背筋や頸部筋の筋力)等に大きな影響を及ぼすことにつき,例えば,甲16の1から甲16の4までの論文が挙げられる。
上述した要素の変化が,筋力の十分な発揮の可否に強い影響を及ぼすことなどが示されている。

(ウ) 咬み合わせの干渉や下顎頭の形態等の要素が,聴覚路や脳幹,聴覚系の機能等に影響を及ぼすことにつき,例えば,甲17の1から甲17の3までの論文が挙げられる(なお,下顎頭の形態の変化は,顎関節における内症などによって形態変化を起こすような負担が生じていた結果起こることが多い。)。
上述した要素の変化が,蝸牛神経や耳症状に関する影響を及ぼすことや,干渉の除去によって,聴覚系が干渉付与前の状態にほぼ回復することなどが,聴性脳幹反応(ABR)の測定によって示されている。さらに,上記の影響が,神経筋系や脳幹などを介して全身への影響となることについての懸念も指摘されている。

(エ) 咀嚼機能の不全・減少や咬み合わせ支持の喪失等が,脳機能(特に,認知機能や空間記憶機能)にまで影響を及ぼすことにつき,例えば,甲18の1から甲18の2までの論文が挙げられる。
インプラントの装着後一定期間が経過した患者の脳において,一次体性感覚野,一次運動野,補足運動野,前頭前野さらには視床,小脳などに賦活が認められ,咀嚼能力が脳の認知機能に影響を与えていることや,咬み合わせ支持の喪失によって咀嚼関連刺激が減少することが,脳組織の退行的変化や中枢神経系に影響を与えていることなどか示されている。
ウ 対して,被告上田は,主に自らの著書(乙5)によって顎関節症や咬み合わせの不調についての自説を述べるに止まっている。
勿論 今回の損害倍書請求事件は、匿名で 自分の正体を隠して足がつかないように 
ネット業者をわざわざ使ってコメット歯科の治療を「詐欺行為」と非難するなど誹謗中傷が問題の争点です。
次回の 公判は、2月13日 14:00から 被告らが反論等を行う予定となっています。
※反証の論文は 世界中で数が多くて 裁判では、全部出し切れないですが、今
回でもプリントすると電話帳ほどのページ量になっています。
でも一番嬉しい 確かな証拠は、顎関節治療をお受けになって、
その素晴らしさを理解し体感してくださってい、患者様なのです。
コメット歯科を信頼して治療してくださって 本当に感謝です。
お陰様で間もなく2000症例に近づく勢いです。
「神は、侮られるような方ではありません。人は蒔いたもの それを又刈り取るのです。
利己的な目的のために悪を企んだ者は、そこから腐敗を刈り取り
自分の全身を苦痛で刺すことになるのです。
一方 義の道で蒔いた者は、そこから繁栄と栄光を刈り取るのです」(聖書より)

ネットで中傷・・・市会議員が名誉棄損罪で罰金

JUGEMテーマ:インターネット

コメットが同業医院(各務原市 桜桃歯科 歯科医師の上田院長)からネット上で

「コメット歯科の治療行為は、詐欺行為」など 様々な悪意ある誹謗中傷を

多数回 複数のネット掲示板にされ、多大な被害を受けました。そこで刑事告発を行い

現在、1億円の損害賠償の訴訟を起こしています。

待ち受け画面の見出しに同じような事件を見つけました。

 

 

『石川・加賀市議が飲食店中傷のネット投稿、罰金30万円』

「石川県加賀市の乾浩人市議(47)=自民=がインターネット上で市内の飲食店を

中傷する投稿をしたとして、11月22日付で小松区検が名誉毀損罪で略式起訴、

小松簡裁が罰金30万円の略式命令を出していたことがわかった。
乾市議は4日、取材に対して投稿を認め、「相手の方に多大なご迷惑をおかけし、

市議会や支援者にも迷惑をかけた。本当に恥ずかしく思っている。申し訳ない」と謝罪した。
乾市議の説明などによると、5月上旬ごろ、匿名のコミュニティーサイトに複数回にわたり、
顔見知りの男性が経営する飲食店の衛生管理を批判する内容などを書き込んだ。この店はその後閉店し
男性が大聖寺署に刑事告訴した。乾市議は「立場を忘れ、軽はずみに行動した。

個人的なトラブルがあった」と話し、議員辞職は

「支持者の皆様などと相談、検討した上で考えたい」とした。
同市議会は6日、臨時の議員協議会を開き対応を決める。」

 

 

市議会議員も歯科医師も人として良い手本であったり模範であってほしいものです。

 

「常に善良な心でありなさい。あなたの心にあること それを口で語るのです」(聖書より)

ネット犯罪裁判・・・損害賠償事件 人の親として考えてほしい

JUGEMテーマ:インターネット

コメットが訴えを起こしている損害賠償事件の第2回公判が最初の予定通り

名古屋地方裁判所で10月25日に行われることになりました。

被告(桜桃歯科・院長上田)側が岐阜地方裁判所に変更を願い出ましたが、

これを裁判所から却下されました。”盗人猛々しい”を地で行く被告は、

名前を隠していましたが警察の捜査によって特定されました。

ありもしない中傷をネットに複数書き込んで、コメット歯科に損害を与えた事件です。

あれからずっと 桜桃歯科は、謝罪はおろか、反省の色もありません。

それどころか。ネット広告を制すもの天下を制す と言わんばかりに

活発にネットで自分の医院の広告を方々に出して 膨大な金額をかけておられるお元気な様子ですね。

恥ずかしくないのですね。一方上田院長に強要されて実行したネット業者は猛謝罪でした。

新聞記者が「取材した時も 両名の態度が著しく違っていたのが、非常に印象的だった」と言っていました。

コメットを誹謗中傷し、コメットの信頼、イメージの破壊を企(たくら)み

コメットに大損害を与えています。同じ事を自分がされたらどう思うのでしょう!!!

日本では落とした財布が戻ってくる確率と言うのは63%位だそうです。

日本人の善良さは世界的に評判ですが・・・さらに、こんな調査があるのを見つけました。

財布の中に赤ちゃんの写真を言入れておくと返ってくる確率は88%まで上がるそうです!

桜桃歯科という名前は院長の2人の子供の名前から一文字づつとって付けたと聞いています。

人の親として、思いやりがどれほど大切か・・・わからない筈はありません

今一度反省を促したいと思います。

新イメージお役.jpg

明日は日曜日です。ブログはお休みします

 

「悪に進むものは、飽くことなく死ぬまで悪を繰り返す、

曲がったものを元のまっすぐにすることはできないのです」(聖書より)

 

違法なサイトに戦うコメットに・・患者様からの温かい励ましが

JUGEMテーマ:インターネット

JUGEMテーマ:歯科

 

同業の歯医者の院長から、コメットへの小細工した大悪(おおわる)事件が

最近、新聞紙上を賑わしています。

今週のウイクリーレポートにスタッフからコメントが届きました。

S課長「読売新聞、共同通信、毎日新聞、産経と各大手メディアが取り上げ

話題になっています。今後、どのような事があるか私には見当つきませんが

嬉しいことにコメットの患者様が励まして下さっています。

カルテに書いてある言葉を見ると、とても柔らかな気持ちになります。・・・」

 

Mさん「今週から受付でも新聞記事のコピーをお配りするようになり、

温かいお言葉をたくさん頂きます。

”ここに通っている人はコメットさんの事を

信頼して来てるんだし、悪い口コミも全部 嘘だって分かってるから大丈夫よ!

だからずっとここに通ってるの!それだけ良いサービスがあるから妬(ねた)まれるのよー!

大変ねー。応援してるから!”

と仰っていただきました。

それは一人二人ではなく、老若男女問わず、本当に皆様が温かいお言葉で

ご支援くださるので心強いです。

待ち時間やお帰りの時に、螺旋階段の所に置いてある新聞記事を見られている方が

たくさんいます。

今回の裁判について関心の高さや、コメットへの温かい気持ちを改めて知りました。」

 

俳優の西田敏行さんの事件で、この手の犯罪がネット社会にはびこっている事が知れ渡りました。

「発信者」が明確にされないと、フェイクニュースで社会が破壊されます。急ぎ法整備を

整えて頂きたいと思います。

 

「神は、裁きに先立って人々を羊とヤギに分けるのです。真実の出来事にどの様に対応するかで分かるのです。

右に義なる事を愛する羊を左に不義を行う滅びの子であるヤギを分けるのです」(聖書より)

違法なサイト ネット犯罪に注目が集まる

「今日の患者様もそうでしたが、毎日 感謝 感謝の連日なのです。
と言うのは、今回の損害賠償裁判を起こしたことについて、連日 沢山の励ましコメントを頂くことが多いからです。
患者様A)「先生 頑張って下さい!先生たちが 早田の金華橋のたもとの小さなテナントからスタートしたこと知っています。
先生たちが とっても努力されて今があるんだ。それをやっかむ奴らがいるんだよね。だから ひどい事いうんだ。
でも 心配いらないよ 通っている患者は、みんな分かっているから。だからコメットさん 流行っているんだよ。
昔からの患者さんが多いじゃない。応援しているからね」
出入りの業者さん「業界でも話題になっています。あれは 思ってもやっちゃいけない事だよねって。
先生 しっかり妥協しないで頑張って下さい。」
弁護士の先生からの情報
「きのう7月21日(金)の夕方頃,名古屋テレビの方と会い,訴状の写しを渡しつつ,
名誉毀損の内容について30分ほど説明をしました。
ネット上のニュースや,掲示板などでのスレッドの立ち上がりについては当職も確認しています。
相応に注目を集めているように感じています。」
いずれにしても 私も中途半端にするつもりは ありません。
歯科業界だけでなく この間の俳優 西田敏行さんの事件にもあったように
ネットでの匿名を用いたりして 単なる広告料稼ぎや 悪意ある営業妨害やらも立派な犯罪で
名誉棄損となる行為なんだ!とわかってほしいし、皆 簡単に騙されないで欲しいとの切なる思いです。
皆様、今後ともご理解 ご協力 よろしくお願いいたします。
※明日は、休診日 ブログもお休みいたします。
「妬みの前に誰が立ち得ようか。妬みは火のように、抱いた者に、自分の全身を炎で焼き尽くすほどの
崩壊と苦痛をもたらすのです。小さな火が、大きな山火事を起こしように 全身に広がるのです」(聖書より)

 

コメット歯科 損害賠償事件 初公判!

JUGEMテーマ:インターネット

コメット歯科 損害賠償事件 色々なところで報道が広がっている様です。

医療専門のネットニュースでは、トップに出ておりました。

 公判には、テレビ局のスタッフも来ておりました。

また 電話取材で 別のテレビ局からありました。

自分を名乗らず 匿名で 陰から中傷する 名誉棄損する。

卑怯極まりない行為を よりによって同業者の歯医者 院長がするとは!

流石に 新聞では、各務原市の歯医者 とだけ出して 桜桃歯科 上田院長が

名古屋のネット広告会社 安江真一に依頼したという個人名までは出していませんでしたね。

おそらく そうした記事によって 営業を妨害 売り上げが下がった などという損害賠償事件に巻き込まれたくない

という気持ちだと思います。

私は、今回の事件を 「泣き寝入りせずに 事件にしなければならない!」 と思ったのは、

こうした無責任な匿名の投稿でも 立派ないじめ 犯罪になること、そして損害賠償の対象になることを

明らかにして 弱い者いじめ や失望と落胆のうちに自殺まで人を追い詰めるこうした行為を

許さない姿勢を示したいのです。諦めないで 立ち上がりましょう!って

正直 犯人を突き止めるのに 警察の刑事さんたちの緻密な捜査は、勿論

弁護士の先生たちにもご尽力いただき 費用も時間も忍耐も費やしました。

 

今回の裁判が警鐘となっているようで、社会的影響の大きさがココからも伺えます。

産経WESTにも出いていました。

http://www.sankei.com/west/news/170719/wst1707190031-n1.html

 

毎日新聞(20日付中部朝刊に掲載されていた様です)

https://mainichi.jp/articles/20170720/ddq/041/040/008000c

両方ともタイトルが違うだけで、内容は同じですので、共同通信からの記事だと思われます。

 

あと、興味深かったのが…

1)爆サイ」で個人名を出しての中傷はマズイと反省している人もいた様です。

http://bakusai.com/thr_res/acode=3/ctgid=102/bid=2136/tid=5664714/tp=1/

 

2)2チャンネルでもコメット歯科が話題に上っていました。「実名出しちゃ まずいだろ」という

 良識ある方の意見もあり 少しほっとした気持ちにはなりましたね。

http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/akb/1500451240/l50

 

 また、ネットを分析するあるプロの方から 寄せられたご感想も紹介いたします。

 

私個人、先の2chスレのコメントで、一番印象に残った言葉がこれでした。
「コメット歯科クリニックのホームページ見たらこの歯医者の凄さに驚いた。
こりゃ、ライバルに妬まれるわ。」
2chでの全く無縁の第三者の言葉です。
妬まれて当然の仕事していると言うことで、ホントに素直な、感想だと思いました。

「人は心にあることを語るのです。その語ったあなたの言葉と同じ秤で測られ裁かれるのです。」(聖書より)

裁判官・・・読売新聞を読んで・・・コメットブランド

JUGEMテーマ:歯科

本日 名古屋地裁で第一回 公判 損害賠償事件 が開かれました。これからの成り行きが楽しみです。

 

読売新聞は医療系に造詣が深いと聞いています。

記事を読まれた患者様から口コミ投稿を頂きました。 

ハンドルネームが裁判官さん 2017/07/16(日)
「読売新聞(2017年7月16日)の記事ニュース見ました!

やっぱり「嫌がらせのでっち上げ口コミ」の被害にコメット歯科さんがあっていたのですね。

しかも同業者の歯医者が黒幕だったとは! 

歯科業界も地に落ちたのかな。なんて情けなく思いました。

もちろん どんな世界にだって悪い奴はいますけどね。

でも・・・正直言って 自分 あの口コミ見て不安に思ったですよ。

だから(治療で)コメットさんにかかるの本気で悩んだのです。
でも。。。

「やっぱり患者を騙すような詐欺行為をしていたなら40年近くも歯医者やってこれないだろうし、

あんなに大きく繁栄もないだろうな〜」と思って、

「よし 自分の目で確かめてやろう!」
と思って勇気出してコメットさんに行ったんです。

今 ニューロマスキュラー矯正治療してもらっています。
コメットさんに実際 かかってみて感じている事。

受け付けの方も 衛生士さん スタッフの方も先生方も

とっても優しくて親切 それにキチンと詳しく説明してくれるので すごく安心できることです。
治療レベルは、みんなも知っていると思うけど。色々揃っていて最高ですね。

さすがテレビに何度も取り上げられているだけあっての コメットブランドってな感じですね。
副院長が「お値段以上の治療が受けられます」って言ってたけど  「確かに。」

ファンの一人として僕は、嬉しいです!

損害賠償の裁判 僕ら患者のためにも頑張ってください!
それから…最近 コメットさん 面白い変化があって...

予約していた時間から過ぎて

「ちょっと待たされているかな〜」 と思って時計を見ようと思ったら

鳩時計みたいに

「副院長付き 秘書」って名札しているお姉さんが、突然 待合室で待っている人に近づいて
「お待たせして 申し訳ありません。間もなくです。云々・・・」

なんて声をかけに行ってましたねー
街の歯医者さんで普通に見られる光景じゃないじゃないですか。
感服! 脱帽! すごい企業努力ですね!」

 

 

日本に一度も来たことがない人が日本の悪口を言っても信用しないで下さい。

コメットに一度も来たことがない人がコメットの悪口を言っていたら

是非一度コメットに行くことをお勧めください。嬉しい口コミに感謝します。

 

「愚かな者は、吟味することなく何でも飲み込みやがて死に陥れられることもある。

賢い者は、すべての事を確かめ生き残る習慣を身に着けている」(聖書より)

 

明日は休診日です。ブログはお休みします。
 

読売新聞全国版 歯科「ネットで中傷」提訴 岐阜「同業院長が書き込み依頼」

 

JUGEMテーマ:インターネット

2017年 716日(日) 読売新聞 

 

歯科「ネットで中傷」提訴

岐阜「同業院長が書き込み依頼」

読売新聞(掲載紙面).jpg

 

インターネットの掲示板などに中傷記事を投稿されたとして、岐阜市の歯科医院が岐阜県各務原市の歯科医院の院長らを相手取り、1億円の損害賠償を求める訴えを名古屋地裁に起こしたことが分かった。提訴は6月7日付で、19日に第1回口頭弁論が予定されている。歯科医院が増え続ける中、訴訟の背景には、患者獲得を巡る激しい競争があるとみられる。

 

提訴したのは、岐阜市の「コメット歯科クリニック」。訴状によると、被告の院長が2014年1月〜2月、名古屋市のインターネット広告会社に命じ、ネット掲示板「2ちゃんねる」や「ヤフー知恵袋」に「医者が豊富な知識でだまして高額なお金を得る詐欺行為」「治療費が常識はずれに高額」「歯科医師会にも様々な苦情が入っているようです」などと同クリニックを中傷する書き込みを投稿させ、業務を妨害したと主張。経営が悪化し、投稿される前から収益が4割減ったと訴えている。

 同クリニック側は昨年、被告の院長らを刑事告訴。岐阜県警の捜査などで、院長と広告会社による中傷記事の投稿が判明したが、院長らは不起訴になった。

 同クリニックは豪華な外観が特徴で、テレビ番組などでたびたび紹介されている。金光千寿子副院長は、「歯科医院業界は競争が激しく、どこもネットでのPRに力を入れているが、事実無根の話を広めるのは許せない」と話す。

 一方、被告の院長の代理人弁護士は「現時点ではコメントできない。主張は今後、裁判を通じて明らかにしていく」としている。

 

歯科 コンビニより多く

 

 歯科診療所は全国的に増加傾向が続いている。

 厚生労働省の昨年の調査によると、全国の歯科診療所は約6万8900か所で、コンビニエンスストアの約5万5000店(今年5月現在、日本フランチャイズチェーン協会調べ)より多い。この10年間で約1500か所、20年前からは約1万か所増えており、競争も激しくなっている。

 医療法では、歯科医師や歯科医院(診療所)の広告を規制しているが、ホームページ(HP)は、広告に該当しない「情報提供」であるとして、閲覧者を別のサイトに誘導する「バナー広告」などを除き、規制の対象外となっている。

 HPでPRして来院患者を増やそうとする動きも盛んになっている。歯科医院向けのHP製作のほか、歯科医院と契約してグーグルやヤフーなどで検索結果の上位に表示されるようにする「SEO対策」を担う会社も多い。

 今回被告となっている広告会社代表の男性も、院長と契約し、HPの製作などを手がけていた。男性は書き込みについて、提訴の前に原告宛てに提出した文章で、「院長から何度も依頼を受け、コメット歯科クリニックを批判する投稿をしてしまった」などと記載していた。

 

 詳しくは、コメット歯科HPをご参照ください

一般的なYAHOO知恵袋の「間違った」使われ方

JUGEMテーマ:ビジネス


実は、桜桃歯科の上田院長とネット業者が、コメット歯科に対する

「詐欺治療行為・カルト宗教 ニセのコチコミ情報」を拡散した事件で その中でYahooの知恵袋を

使用してのものがありました。そこでコメット歯科としては、Yahooの知恵袋相手に訴訟を起こし勝訴し、

削除を依頼したのです。

 

ここでネットの分析に詳しい方からの興味深い所見をご紹介し なんでも信じてしまう犠牲者が少しでも

目を覚ましていただけるように情報を載せます。

 

一般的なYahooの知恵袋の「間違った」使われ方

質問主独自があらかじめ欲しい回答が決まっており、該当する意見が出たところで質問を締め切り、
その意見をベストアンサーに認定する。言わば、自分の主張を、強く訴えるためだけに行われる行為である。
そして、自らの主張だけを書き連ねて締め切ってしまえば、それに反論することはシステムからは全く出来ず、
苦情の対処はYAHOOが勝手にできる事に定められている。
 性善説に則ったシステムといえば聞こえは良いが、実のところは運営側が楽に稼げるシステムを
構築したに過ぎないと感じる。
Ex.
芸能人の○○さんはワキガがひどいですよね
△△というお店の評判はどうですか?(良い・悪いを想定した質問)
こんなスペックの商品はありませんか?(新発売でズバリの商品がある)
この類の質問は、マーケティングに利用されている場合が多く、
関係者が商品や店の評判を操作することを目的としている。
第三者から「狙い通りの意見」が寄せられない場合には、自ら他人を装い「狙い通りの意見」を書き込み、
それをベストアンサーとして意見を締め切ることが多い。
他人から否定的な意見が寄せられる事もあるため、冷静に全文を読めば、
質問主の「悪意」を察知できるが、・・・・
ベストアンサーにしか目を通さない人へは、質問主の狙い通りの効果を与える可能性がある。
回答者のIDが他の質問にどれくらい答え、どの様な質の答えをしているかを探れる仕組みはあるが、
そこまで念入りな人は少ないと思われる。
そして、一旦締め切られてしまった質問は、
その答えが間違っていようが、事実無根の噂話だろうが、
「反論が一切出来ない」にも関わらず、
それが「YAHOO知恵袋」というブランドの「公式認定回答」と
受け取ってしまいかねない状態で
公に告知され続ける事は、大きなシステム上の欠陥と感じる。

YAHOO知恵袋の手抜き運営に対する所感
何度も記述する通り。 人間の性善説が「正」ならばこのシステムは非常に優れたシステムかもしれない。
しかし、現在では、このシステムを「悪用」する輩が、数多く存在する事は間違いのない事実である。
では、YAHOOは何をするべきか。
一番簡単なのは、他人の意見に「マイナス票」を投じるシステムの構築だろう。
他にも…
「ベストアンサー」は、「ナイス!」を特定票以上得たIDにしか与えられないとか…
カテゴリマスターは、締め切られた質問へも介入できるとか…
参加者に頼りっぱなしのプログラムシステムだけでも、対応できる処方は数多く存在する。
それにも関わらず、YAHOOは自らの保身のみを勝手に主張する「約款」を押し付け、
法律的自己防衛には積極的なのに、プログラムの改定には極めて消極的だ。
さらに、このシステムを「YAHOO」というブランドで運営し、利益を得るのであれば、
常に相当数の人数を割いて、同一IDによる投稿内容の吟味を含む、
回答の信憑性まで評価する義務はあると思われる。

インターネットが一般家庭にまで普及し、幼児まで自由に使えるようになった現在に置いてまで、
かつての軍用システム、ボランティアによるインターネット運営に根ざす、
「性善説」だけに頼るシステム運営は、時代錯誤も甚だしく、利益優先の身勝手なシステムとしか感じられない。
「言論の自由」という大義名分を不当に拡大解釈し、
その上「管理義務」を放棄することで得られる、「不当な収益」を貪っているとしか言いようが無い。
「言論の自由」を銘打つのであれば、少なくとも「反論の自由」も「常に」確保されるべくではないのか…
増して、一方的に否定的な意見を書かれた「被評価側」の反論は、無条件に掲載されて然るべきだ。
それが保証されない現状のシステムは
「言論による暴力」を促す可能性を多分に含んだ
極めて稚拙な「拝金主義の産物」だと思われる
(上記内容は、2014年1月当時のYahoo知恵袋のシステムに対するコメントです)


「金を愛する者(貪欲)は、金に飽くことなく 満足することを知らない。
最後は自分の全身を苦痛で刺すことになる」(聖書より)
※連休は、ブログもお休みいたします。 

暴露話2 「ニセ情報拡散」 桜桃歯科の上田院長とネット業者 安江代表 書類送検!

JUGEMテーマ:歯科

月に一度の恒例のファミリー スタディーで 「コメット歯科のインプラント・顎関節治療は詐欺治療 カルト宗教」

ニセの情報 拡散 桜桃歯科 上田院長 と ネット業者 安江取締役を書類送検 そしていよいよ民事で 

損害賠償事件として

名古屋地方裁判所で 7月19日 第1回公判が開催される事を伝え 始めてスタッフに詳しい事の経緯を話しました。

それまでは、相手の反省も待ちつつ 私たちは、彼によって名誉棄損 業務妨害されましたけれど

コメット歯科としては、相手と同じ土俵に入ることなく 品格を保とうと 院長と相談し、相手の反省 振り上げた腕を

下す余地も残しながら 上田院長の名誉を守ることをしようと ずっと公表を避け 耐えてまいりました。

ですから 内容証明を送り、謝罪文だけの提出を求めたのです

すでにネット業者の安江氏は、深く反省していることを伝えてまいりました。

しかし 上田院長に関しては、コメット歯科から弁護士を通じての謝罪文だけの要請にまったくの無視!

コメット歯科は、営業妨害により 売り上げの減収も被りましたが、許す気持ちも視野に入れて・・・・

今回の内容証明での要求は、

一銭の賠償金額は請求せず、ただ謝罪文のみを求めたのです。

しかし 彼は、一切無視 今日に至っても 無視状態です。

「悪いと思っていないらしいですよ」 とある方から間接的に伝わってきました・・・・・。

 

スタッフの一人 技工士チーフのHさんのファミリー スタディーで経過を知っての感想を

ウィークリー レポートの書いてきてくれました。

「副院長のことの経緯の一連のお話を聞いて怒りが込みあがってきました。

同じ医療人なのに残念です。コメットに書き込みをする させる前にもっと患者様のことを考えてあげればいいのに!

本当に残念です。こんないつも患者様のことを考えている歯科医院が こんな目に合うのは、可哀想です」

 

スタッフは、毎日 コメットの患者様を思う本気の姿勢その実態を知っているので 一番の証人だと思いました。

こうした 素晴らしい宝のようなスタッフファミリーを 集団的に詐欺行為に加担している 気の毒な 悪質な人たち 

カルト宗教の信者(患者様も含めて) そう名指しでコメット歯科を非難するとは・・・・!

やはり 許せません!この名誉棄損 営業妨害を! 今後の為にも 許してはならないのです!

医師としての倫理委員会があるなら どう判断されるのでしょうか?

 

また コメット歯科のドクター I先生は、

「副院長の上田を叩く と言うよりは 『コメット歯科を守る』という意気込みに

感打たれました。これからも・・・よろしくお願いいたします。コメット全体の一致団結が必要ですね」

 

今日は、全員でらせん階段で笑顔で記念撮影を行いました。

 

「間違いを犯すことより、間違いを認めず悔い改めようとしない者に神の燃えるような怒りが向かうのです」(聖書より)

西田 敏行(俳優)さんと同じ「コメット歯科が詐欺治療行為」とのニセ情報拡散 歯科医師ら書類送検

JUGEMテーマ:インターネット

言論の自由とか表現の自由とか言われるけれど そこに 一線を超えてしまうと

「犯罪」になってしまいますね。

今朝のテレビのニュースや新聞でも報道されていましたね。(スポニチより)

 俳優の 西田 敏明さんが違法薬物を使用しているとの虚偽記事を

インターネットのブログなどに載せて、所属事務所の営業を妨害したとして、警視庁赤坂署は、

偽計業務妨害容疑で、男女3人を書類送検した。

西田が、「違法薬物を使用している」「間もなく逮捕される」といった虚偽の記事を自身のブログなどに載せた。

いずれも「人の興味を引くような記事を掲載し閲覧数を伸ばし広告収入を増やしたかった」などと供述し、

容疑を認めている。

西田の事務所は、昨年8月に被害届を出し、HPに「書き込みは全くの事実無根。

刑事、民事の責任追及を進める」と掲載した。

 

と言った内容でした。

コメット歯科が、今回被害にあったのもまさしくこの「西田 敏行」さんの場合と同じですね。

西田さんは、昨年5〜7月ごろに掲載されたとのことですが、コメット歯科は、H26年 1月から

何度も繰り返し、多方面に書き込まれ、書き込んだのが正体不明(匿名)のYahooの知恵袋・2チャンネル・爆砕など

その多くがネットの掲示板なので 今だに一部は、公開されっぱなしです。

しかもブログと違っての匿名での書き込みでしたので警察も捜査に時間がかかりました。

しかし 流石です! 日本の警察は素晴らしいですね。

コメット歯科が被害届を出して 2年後 昨年H28年 に犯人特定(時効寸前)

各務原市の桜桃歯科 の上田 裕康院長 と ネット業者ASUE会社  安江 真一取り締

であることを突き止めてくれました。

そして両者とも書類送検されました。(パソコン等 証拠押収)

結果 刑事告訴されましたので 両人には、起訴されて有罪になったら前科、

不起訴でも 「前歴」と言うものがついたことになります。

※ある支援者が、昨日の桜桃歯科を撮影してきてくださいました。

こんな立派な診療室がありながら何を不足としてニセ情報を拡散させるという罪を犯したのでしょうか?

「年商5億円とのことですから、おそらく新築されるのではないかと思って

早々に記録にとどめておきませんと・・」 

と申し上げたら早速 送ってきてくださいました。

コメット歯科も 西田氏の事務所と同じように  民事の責任追及も進めていまいります。

そして 7月19日 第1回 公判が名古屋地方裁判所で開かれることになったわけです。

私たちは、被害届も加害者不詳で届けなければなりませんでした。

調査は、警察の刑事さんたちだけでなく 弁護士さんたちにも依頼せねばなりませんでした。

ネットの運営会社にアドレス開示のためには、弁護士さんに

開示のための裁判を起こさなければされないのです。

時間と費用が 本当にかかりました。その間 私は、ずーと忍耐の日々でした!

 

こうした問題で苦しんでいる人は、沢山いると思います。その方たちの為にも 見過ごしてはならないと思いました。

最近は、道徳 倫理観もお金もためなら かなぐり捨てる動物的な考え方に染まってしまう人が 増えているのは

残念でなりません。

自分の強欲に負けるのですね。

お金や物で本当の幸せは、買えませんのに。

 

「今あるもので 満足することを覚えなさい。飽くことない貪欲は、

身に滅びを招き その苦痛で全身を刺すことになるからです。」(聖書より)

暴露話その1 桜桃歯科にネットによる損害賠償請求を起こしました。

 JUGEMテーマ:インターネット

ネットの掲示板等に 嘘の口コミを書き込まれて名誉を棄損されたコメット歯科は、

この度 損害賠償を訴える事件を起こしました。


平成2967日,名古屋地方裁判所に,コメット歯科クリニック(岐阜市)を標的とした

インターネット上の書込みによって受けた被害に基づく損害につき,

下記の2名に対して損害賠償を求める訴えを提起しました。(平成29年(ワ)第2472号)

7月19日(水)第1回 公判 10時

被告

上田裕康(岐阜県各務原市,桜桃歯科院長)

安江真一,(ASUE株式会社 代表取締役)

2名は,いずれも,岐阜北警察署による捜査の結果,上記書込みに関与したことが判明しています。


この件で 新聞社も含め各方面から 「いったい どうなっているの?」 などと お問い合わせを沢山頂いております。

これから起こりうる事件という意味での関心の高さ と コメット歯科を応援して下さるお気持ちに感動しております。

 

口コミは、かなり悪質です。

ある掲示板(Yahooの知恵袋)では、岐阜市の歯科医師を名乗り、ある時は、患者を装い 繰り返し行われました。

ネット犯罪による損害は、想像を超えるほど色々な分野で 拡散していることを知らされ改めて精神的な苦痛が

増されました。

実は、すでに裁判を起こした今だから言う暴露話なのですが・・・

今回のネット業者である実行犯に指示を与えた桜桃歯科の上田院長から昨年にとんでもないものが送られてきたのです。

封書です。

警察からの上田院長に対して事情聴衆が行われ パソコン(履歴)押収など 犯人と特定された後の事です。

私は、反省文かと思いました。 (ネット業者の被告 安江真一氏は、後に謝罪文を送ってきました。)

しかし上田院長の封書の内容は、それとはまったく正反対のもので・・・・・

上田院長をトップとする歯科医業の収入をいかに増やすかを追求する 

「トゥインクルデンタルグループ」 を立ち上げたので、その会に入会することの価値の説明と説明会の案内状でした! 、

A4の紙に5枚分 自分が いかに成功している歯医者なのかを誇らしく説明されておりました。

下記は、その一部抜粋です。

月のレセプト(患者数)650枚以上 年商5億を超えるようになった。

その急増収・急成長(4倍以上)の秘訣は 驚異的な伸び率の秘訣とは?

もっとも大きいのはネットを使った広告戦略です。桜桃歯科のホームページを優良な業者に依頼して作成し、

岐阜県・愛知県のほぼ全域でリスティング広告を打ちました。

自分には、「成功レシピ的技術集」があります。詳しくは、説明会で・・

 

私は、このホームページを作った優良な業者(今回の実行犯 安江氏)の謝罪文によると、

ネットの口コミでコメット歯科を陥れる嘘の情報を入れるように 何度も依頼されただけではなく 

ついに リスティング広告にも出すように強く指示され その行き過ぎに怖くなって その後 拒否したと・・

そのターゲットであったコメット歯科にわざわざ クロネコヤマトで送り付けてくるとは・・・

 

愕然としました! 破廉恥 厚顔 何たる侮辱!

 

上田院長の勝ち誇ったかのような高笑いが耳元で聞こえるような気がしました。

まるで・・・

ハイエナが口の周りを血だらけにして 糸引くよだれが何本も下品な口元から垂れ下がりながら

食いちぎった動物の上でまたがるようにして 誇らしげに雄たけびをしているかのよう・・・

 

これが、院長の大学の後輩であり、更に彼が上顎6本のインプラントを失敗し、騒動になりかけた患者様を

コメット歯科で助け 穏便に済ませるよう取り計らってあげたのに・・・

 あの時の出来事も思い出されて・・・

とっても寂しく とてつもなく情けなく つら〜い思いになりました。

あの当時 恩に感じて 感謝の菓子折りを送ってきた上田氏はどうなってしまったのでしょう。

残念ですが、お金に対する執着は、人を魔物にも変えてしまいますね。

 

でも嬉しいことがあります! 

それは、現在でもこの被害に合われた患者様は、コメット歯科でインプラントのALL on 4という新たな手術をうけられ、

調子が良く 定期的にメンテナンスでご通院中なのです。先月もご来院くださいました。

一番良かったのは、「痛い痛い 生きているのもイヤ!」と本当に苦しんでおられた患者様が

「今では、何でも噛めます。感謝しています」

と言って 笑顔になっていただけたことです。

これが、私たち コメット歯科スタッフ全員が報いとして思う 「私たちの 喜びは、患者様の笑顔です!」

 

コメット歯科は、院長とたった二人きりで 早田東町のビルの2階のテナント23.5坪で資本金50万で初めて

今年で 開業39年を迎えます。真面目にコツコツとやってきました。

開院当初から ずーと借金で必要な設備を拡張して現在に至っております。

今回 新しいコメット歯科ビルの新築 移転のため、○○億円の借金をいたしました。(ただ今懸命に返済中)

コメット歯科は、桜桃歯科のように年商5億もございません!

 

思い出せば・・・・

自分の車がボロで買い替えたかったけれど レーザー治療器を買い、CTスキャンを買い・・と

顎関節(噛み合わせ)治療の国際認定を取っているDr.安奈も 小学生の時から 学校を終わると 

本当は遊びたいのに コメット歯科で消毒 洗い物のお手伝いをしてくれました。

ありがたい患者様のご支持とファミリーのようなスタッフ一丸となっての

「すべては、患者様のために」 で行ってまいりました。

 

今回の一連の上田院長の嘘の口コミで精神誠意患者様に接しているスタッフも 

嘘のネットの書き込みの「詐欺集団」と誹謗中傷され本当にプライドも傷つけられました。

また スタッフの声を機会あるときにブログに綴りたいと思います。

 

今後もご理解 ご支援のほどよろしくお願いいたします。

「神に不公平はありません。神の前に人は赤子の様であり 罪は必ずおって明らかにされます」(聖書より)

 

 

 

コメット歯科は、桜桃歯科 上田院長を提訴しました。ネットを悪用・・・卑怯者との戦い

JUGEMテーマ:歯科

コメット歯科が桜桃歯科の上田院長を訴えた経緯 受けた侮辱 名誉棄損の被害に

ついて詳しく知ったスタッフの驚きと憤りが伝わって来ます。

衛生士のKさん

「歯科業界の者が陰でコソコソ犯行に及ぶ、妬み、ひがみを抑えられず

ネット社会を利用し卑怯なやり方で自分を輝かせようとする姿は

悪魔にしか見えないです。私はコメットに入って、しばらく何もなかったのですが

急に身近な方から”コメットの良くない評判があるけど大丈夫?”と言われ・・・

その時は何故そんな事を言われるのか理解出来ませんでした。

私自身コメットで他院には無い患者様第一の思考とNM(顎関節治療法・ニューロマスキュラー)

やインプラントの高度な最先端医療に魅力を感じ、コメットのスタッフでいる事に誇りを

感じているので 有りもしない話をネットを使って流す行為は許せないです。

本当に、自分に腕があり自信がある歯医者なら犯罪に手を染めなくても勝ち抜いていく

と思います。副院長が私達スタッフや患者様の為に長年に渡り犯人の特定や日々の仕事を

されながら裁判の準備をされている事に申し訳ない気持ちでいっぱいです。

今、私に出来る事は日々の治療の中で脇固めをし信頼のブランドに恥じないようにと

自分に言い聞かせています。副院長!私も要領の良いずる賢い人は嫌いです。

私は、損や馬鹿正直と言われても正しく真っ直ぐな人間であれば、きっと損しても

得になると思いながら日々過ごしています。ずるく卑怯な事をすれば、必ずそれが

自分に戻ってくると思います。裁判応援しています。」

※ 上田院長は、本を出版なさったのです。今年の新聞広告で見つけました。

 

一事が万事、このような人はこれに留まらず何事につけても卑怯な行動をします。

後日 この卑怯な行動に関しての 「暴露話」もお話ししていきます。

 

卑怯者は、自分の顔にいっぱい泥を塗りますね。

 

「神を侮ってはなりません。人は自分の蒔いたもの それをまた刈り取ることになるからです」(聖書より)

明日は日曜日です。ブログはお休みします。

 

コメット歯科 損害賠償事件 公判 いよいよ始まります!

JUGEMテーマ:歯科

平成2967日,名古屋地方裁判所に,

当歯科クリニックを標的としたインターネット上の書込みによって受けた被害に基づく損害につき,

損害賠償を求める訴えを提起しました。第一回公判 7月19日(水)10時

被告である上田裕康(各務原市 桜桃歯科院長),

安江真一,(ASUE株式会社)は,いずれも,岐阜北警察署による捜査の結果,上記書込みに関与したことが判明しています。

 

たとえ同業者でも 卑怯なネット犯罪は、断固許すべきではありません。むしろ同じ歯科医師だからこそしてはいけない

患者様を騙す偽りの情報をネットを使って広めることの罪の重さを 感じ取って欲しいのです。

各務原市の「桜桃歯科」の院長 上田 裕康からは、いまだに謝罪や反省 一言もありません。

あるネットに詳しい方が、桜桃歯科の上田院長について こんな意見をおっしゃっておられました。

「桜桃歯科の上田院長は、ネットで「善良な優秀な歯科医師」であることを朝から晩まですごい数のネット広告を打ち出して

主張し見せてせています。本当に頑張ってイメージ戦略を行っておられますよ。

その熱意と言うか、執念の様にさえ感じられる やり方ですね」

コメット歯科は、上田院長の悪意ある作り話によって 多くの名誉を棄損され スタッフもバカにされ 

信頼してご通院下さっている善良な患者も「愚かな者」呼ばわりされ、

新しくコメット歯科に治療でかかろうとしている人々の意思を砕き・・・屈辱極まりない行為の数々

これから 明らかにされていきます。

これは、単なる歯医者同士の喧嘩などではないのです。ネット社会の問題なのです。

ですから社会貢献 こうした医師を語る人からの情報にも拝金主義が根底にある場合、嘘や危険が潜む情報となるという事を

気付いていただきたいと思います。そういう意味で警鐘を鳴らす 社会貢献になると確信しております。

まさか・・あの人が!こんな話は、現実あるのですね。

とりあえずコメット歯科のHPに整理して損害賠償事件の経緯と報告を「副院長の奮闘記」にリンクする

形でお伝えできるようにいたしました。

今後とも 正義のため戦う 医療戦士 コメット歯科にご理解 ご支援賜りますよう 熱く熱くお願い申し上げます。

コメット歯科 院長  副院長

「義なる者は、輝く。神は、羊とヤギを分けるように 救いの子と滅びの子を分けるのです。

各々の義に対する反応によって分けられるのです」(聖書より)

そう言えば、「義」とは漢字で「我 羊なり」 と書くのですよね。

 

 

コメット歯科 ネット犯罪を許しません! 損害賠償請求へ

JUGEMテーマ:インターネット

コメット歯科が 同業者によるネット犯罪の被害者となり、訴えを起こすと 以前から宣言していた件でのご報告をいたします。
ついに準備が整いましたので 今月 意を持って 提訴いたました。 
弁護団から 先ほど報告のメールが来ました。
損害賠償請求事件(名古屋地方裁判所平成29年(ワ)第2472号)につきまして,
第一回公判が開かれます。 期日は, ・ 7月19日(水) 午前10時 (第一回口頭弁論手続期日)
と指定されました。
目先は,被告らからの答弁書を待つことになります。

コメット歯科クリニックは、開業39年以来 患者様とコメット歯科の名誉を守るために 奮闘努力してまいりました。
ですから今回の裁判 強い決意で提訴をして立ち上がりました!
詳しいことは、過去のブログとこれからまたご報告してまいります。
ここで 警察が捜査で突き止めたネット犯罪の主謀者(同業者)と共犯者の実名を明らかにいたします。
損害賠償事件 (名古屋地方裁判所平成29年(ワ)第2472号)
【請求の原因】
本件訴訟は、コメット歯科クリニックを営む原告(金光 琢磨)の名誉を棄損する内容の記事が多数インターネット上の
掲示板に投稿されたことにより原告に生じた逸失利益等につき、当該記事を投稿したこが判明した被告ら(2名)に対し、
不法行為に基づいて賠償の請求をするものである。
被告 
上田 裕康(岐阜県各務原市において屋号「桜桃歯科」の院長を務めている。)
 本件行為が、被告上田によるもの(主謀者)であることは、発信者情報開示等の手続を経て、
さらに岐阜北警察署による捜査が行われた
結果、平成27年11月6日頃に判明した。
被告ASUE株式会社 安江真一 
 被告ASUE株式会社は、インターネット上の広告に関する事業を行う株式会社である。
コメット歯科クリニック及びそこに通院する患者に対する名誉棄損 誹謗中傷の内容の複数の投稿は、
インターネット上の広告業務に関し 被告上田と契約していた被告ASUE 安江真一 が、
その業務の一貫として行ったものである。
「すべて 上田の支持で行い 断れなかった」との 供述をしているが、本件の実行者である。

以上です。

この第一回 公判 期日決定です。いよいよ始まります。
 ・ 7月19日(水) 午前10時 (第一回口頭弁論手続期日の指定)を受けて
現時点では、 相手の答弁書を待つという段階ですから
医療業界(歯科医療)で同業者が、同業者の歯医者に嘘やデマや作り話で 
一番大切にされるべき患者様を迷わせ誤導するための悪意ある情報をするなんて・・・・
考えただけでも良心の呵責に耐えられませんよ!
名誉棄損 誹謗中傷の内容で複数の投稿するなどと・・・実行に移した!
 複数回 Yahooの知恵袋を始めあちらこちらと ネットに書き込み放題
数々の卑劣で倫理的にも道徳的にも低俗な行為!! 
投稿の中では、コメット歯科の医療行為を、名指しで「詐欺」とも言ってのけております!
ですから 当院にご通院下さる大切な患者様を「洗脳された愚かな患者たち」と 愚弄したのです。
警察や警察関係者も
「同業者を『詐欺!』とまで決めつけ ここまでするとは!日本でおそらく初めての事件!では ないでしょうか」
と言っておられました。
本当に情けなく 悲しい出来事です。国家資格を持った医師のすることですか?破廉恥ですわ
しかも上田氏は、大学の後輩でもあります。
過去には、院長が桜桃歯科でのインプラント手術の失敗により嘆いて助けを求めてこられた患者様の件で
上田氏の名誉が傷つかぬよう 大事に至らぬようこちらで適切な処置をし、カバーしてあげました。
後日彼は、そのことに感謝して菓子折りを送ってきたこともありました。
その際 大切な患者様の為のアドバイスも上田氏にしたこともありました。

残念です!当院に信頼してご通院下さるそうした大切な患者様を 物の様に扱い愚弄する発言 悔しいです!
医療の世界に 患者様を騙すような口コミ ネットの誤用の犯罪は、今後も許してはなりません!
コメット歯科は、新築移転により高額な借金もしており 現在経済的に正直 厳しい状態ではあります。
裁判費用も高額です。しかし・・・このまま黙ってはおられません!
 医療の崩壊です!!断固 戦ってまいります。
ご理解 ご支援 賜りますよう 心よりお願い申し上げます。
「神の裁きの日に、義なるものは、真昼の最中のように 益々 光を放つようになるであろう。
また光と闇は、混ざり合うことはないように人々も、各々がその反応によって分けられるのである。」(聖書より)
※明日は、休診日 ブログもお休みいたします。

ネット犯罪・・・名誉棄損には戦っていく姿勢が

JUGEMテーマ:インターネット

先日は、岐阜県保険医協会の主催で「トラブルに強い医療機関」という

テーマの講演会がありました。

爆サイという、お世辞にも上品と言えないサイトでは、相変わらず

ひと握りの懲りない面々の馬鹿な文言が行き交っています。

ヤバイ人間の「ヤバくない!」という声が出て来るほどに怪しい表現!

他人を誹謗中傷したりすることに、はまり込んで中毒化している様です。

 

そこでは”間違った事には戦っていく姿勢が必要だ”と講演者が、

賠償金の伴う民事事件になることが説明されました。

「顔が見えないインターネット上で中傷された場合の対処方法(医療関係)

ネット管理者に発信者情報の開示を求め、発信者を特定し、その発信者に対して損害賠償請求を

していくことが可能。」

コメットでも弁護士団により提訴の準備が出来ました。

間もなく同業者の歯医者(現在ネットで熱心に広告しておられます)

とネット専門業者を相手取り民事裁判をいたします。勿論ブログでも発表いたします。

 

ところで 「どうせ 行くなら 面白い歯医者に行ってみる?」

というサイトを見つけました。

そうしたら・・やっぱりコメット歯科が出ていました!

しかし他の面白い歯科医院を見ていると コメット歯科と次元が違うのですが、

コメット歯科が すごくまともに見えて 面白いというジャンルではないように見えました。

皆様は、如何でしょうか?

筋肉を見せる歯医者さん

 

待合室にこうした写真の展示しているのでしょうか?

 

「すべての物事を試しなさい。火による試練に木や藁でできた家屋が、耐えられないのです。

石で建てられたような真実なものが、残るのです」(聖書より)

 

明日は休診日です。ブログはお休みします。

多発傾向・・・ネット犯罪 悪魔になるか?天使になるか?

JUGEMテーマ:歯科

ひとりの人間の中に・・・”天使”と”悪魔”の両方が宿っている。

元々、限りなく天使に近い人もいれば、ほとんど悪魔に近い人もいるでしょう

”誰も見ていない、誰にも分からない” こんな状況の時に、悪魔の誘惑が始まる・・・

ネットでは姿が見えないという状況で悪心に火が着き、悪魔の思いのままに操られて

悪魔の虜(とりこ)になった人が、ネット上であの手、この手でコメットを陥れようと

犯罪に邁進しているのです。

しかも医療人であるはずの同業者が、ネット専門業者と共謀して行っているという悲しい現実。

患者様のためではなく 自分の私欲のためにネットでのニセ情報(過度の誇張や数字の嘘情報も・・・)

コメット歯科にご通院下さる患者様を妨害すれば、自院の増収が見込めると思い込んでいるのか?ただの嫉妬なのか?

 

〈周囲からの尊敬を勝ち得ておられる教育者の方のお話〉です・・

「今や、4軒のうち1軒は新聞を定期購読していないことになる。

若年層はもともと新聞を読む習慣がなく 特に中高年層が急速に新聞離れをしている傾向にある。

これら紙媒体の新聞を読まない人の50、3%の人が”インターネットのニュースサイトで十分”

と答えている。それだけネット社会が拡充している。一方で、その情報源は正確なのかを

見極めなければならない。インターネットのニュースサイトはそれなりに正しい情報源だろうけれども

ボタンひとつで全く信用性のないサイトに行けてしまうのがネットの恐いところでもある。

コメットさんのような患者様のことを第一に考えているクリニックが、心ない人から誹謗中傷に遭い

正確な情報が操作されていることに心から怒りと憤りを感じる。

私たち教師は、これらの行為が、犯罪であることを子供たちにちゃんと指導しなくてはならない・・・」

 

先生ありがとうございます。ネット社会が加害者、被害者を生まないよう

子供たちの教育をよろしくお願いいたします。

※コメット歯科の薔薇ガーデン 今が見頃です!見に来てください(⋈◍>◡<◍)。✧♡

 

「親たちよ 子供の手本となるような生き方をし、言葉によらず行いで正しい道を示していきなさい」(聖書より)

 ※明日は、休診日 ブログもお休みいたします。

 

コメット事件 ニセ情報 ネット犯罪

JUGEMテーマ:インターネット

今週のニュース・・・世界中にサイバー攻撃が行き交っています。

一般市民レベルではネット犯罪が横行しています。ネットは無法地帯と言われますが、

そのような事は決してありません。法律があります。インターネットは「匿名」での

コミュニケーションが特徴なわけで、職業や肩書きや年齢、性別などに関わりなく

使用できるのは魅力ですが それ故に、やりたい放題の悪用をされることが現実に沢山あります。

取締と摘発(悪事や不正をあばいて公表する)が追い付かない状況ですが

ネット(犯罪)が無法地帯なのではありません。陰湿な姿なき犯人を、警察は威信にかけて

必死に捜査をしています

「コメット事件」も警察は威信をかけて苦労の上に犯人を特定しました。同業者の歯医者でした!

詐欺や、いわれなき中傷、デマの流布などによって、損害・被害を受ける人が多くさんいます、

一度インターネット上に公開された情報は,削除したり回収したりすることは、

合法的にしようと思うと、弁護士に依頼することが必要となります。とても費用と時間 手間がかかり

実際は、諦めてしまったり、無き寝入りしていく可能性が高いと言えます。

いつまでも消えないということは、それ故に傷が深くなる可能性があります。

相手を精神的に傷つけたり、著しく名誉を傷つけたり、大きな損害を与え

被害を拡大することになってしまうのです。

投稿者、発信者が判らないモノは「ニセ情報」と断定するのが本当ではないかと思います。

 

しかし 世では、弁護士でないにも関わらず 「ネットの情報の削除を代行する仕事をする」

として これまた 詐欺が氾濫しているのです。コメット歯科にも たくさんのこうした違法の誘いが来ます。

興味深い東京地裁の判例を紹介いたします。

 

京都新聞社 2017年2月20日付け

インターネット上の個人情報削除を請け負う東京都品川区の会社に対して・・・

「こうした 削除代行は、弁護士以外に認められない業務を請け負った「非弁行為」に当たるとして

代金50万円の返還を命じた。

原告代理人の中沢弁護士は、「削除代行を非弁行為と認めたの司法判断は、初めてではないか」と話している。

原克也裁判長は、ウェブサイトの運営者側に情報の削除を求めることは、弁護士法が弁護士以外の

取り扱いを禁じた「法律事件」に当たると判断した。

※明日は、本格イタリア料理 ブカルッポ フェリーチェでの ワイン会です。

 

「信仰・希望・愛これら3つは残ります。このうち最大のものは、愛です

火のような試練に耐えられる本物だけが 生き残るのです」(聖書より)